「いいね」――言葉には固有の意味がありますからねえ。

ミクシィやフェイスブックの《イイネ(いいね)!》ボタンは、コメントを書くことなく投稿に対して反応できるのが便利だが、「いい(ね)」という言葉の意味から、不幸な書き込みに対して《いいね!》を押すことははばかられる。

「いいね」とは言いにくい投稿に対しても押しやすい他のボタンを設けるとしたら、どんなのがあるだろう。
《よくないね》、《同情》、《バカ!》、《そうは思わない》、《無視》、・・・
って、《無視》は矛盾してるか。

ボタンを増やし過ぎるのもどうかと思うので、反応を示すだけの万能ボタンを設けるのはどうかと思ったが、そんなボタンは《いいね!》よりも押すハードルが低いから、押すことが義務化するにちがいないので、やっぱりよくない。

《いいね!》ボタンを「いい(良い)」以外の意味で使ってもいいことにしたらいいんじゃないかな、って、もう手遅れか。

余談。ツイッターが出てきてから、「つぶやく」の意味が広くなった。昔だったら「つぶやく」といえば、ひとりでぶつぶつ言ってる感じだった。

さらに余談。サイトを登録する「お気に入り」機能。「お気に入り」に入れてるからって、べつに気に入っているわけではないのもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。