いつ頃からだろう。台風が来ても「死ぬかも」と思わなくなったのは。

洞爺丸台風〔1954年(昭和29年)9月26日上陸〕狩野川台風〔1958年(昭和33年)9月27日上陸〕など、我が国では昔、多数の死者を出した台風がたびたび来襲した。
他に有名なのは以下の、昭和の三大台風。

室戸台風 1934年(昭和9年)9月21日
枕崎台風 1945年(昭和20年)9月17日
伊勢湾台風 1959年(昭和34年)9月26日

でも、ある時期から、台風に何百人・何千人死ぬというイメージはなくなった。

私なんか小学生の頃は、台風が来るとなると、「学校が休みになる」と嬉しくなったものだ。まったくのん気なものだった。

ネット住民なんか、台風が来たら、「コロッケ食べなきゃ」だもん。気楽なもんだ。

まあ、住まいが頑丈なら、外出しなければ死ぬ心配はないからね。
大地震と比べたら怖くはないわな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。