アンリトンルールは一種のいじめだ。

【ニュース】ドルフィンズでいじめ問題=深刻化で調査開始―NFL

NFLのドルフィンズで、選手間の深刻ないじめがあるそうです。

大人の世界でもいじめはあるんですね。

そして、外国でもいじめはあるんですね。

当然ですが、いじめは日本特有の問題ではないですよ。学校のいじめ問題がニュースになると、まるで日本でしかそういう問題は起こらないとでも言いたいかのような報道がなされますけど、そんなわけがありません。

ところで、今回のニュースはNFLですけど、MLBでもいじめがあるんじゃないですかね。

いじめとまでは言えませんが、新人選手にコスプレさせたり、集団特有のしきたりがありますね。
拒否したりしたら、いじめの対象でしょう。

それから、MLBの不文律、アンリトンルールっていうアレ、ちょっと行き過ぎてるのもあるんじゃないですかね。
点差が開いているのに、さらに追い打ちをかけるようなことをしてはいけないというのが多いですけど、大逆転される可能性もあるのですから、どんな戦術使おうが勝手でしょう。

アンリトンルール破りによって受ける報復は、相手投手からの故意死球が一般的ですが、故意死球なんか投げたくないと思う投手もいるんじゃないですかね。でもそれをやらないといじめられるかもしれなかったりして・・・

MLBのアンリトンルールって、集団の価値観に反する奴は認めねえぜっていう連中がつるんでるみたいで、なんかイヤな感じがします。

でも、タイトルにいじめと書きましたが、アンリトンルールは報復が終われば後腐れはなさそうですから(?)いじめとは言えないかもしれません。

余談。
子供の頃、プロレスはガチンコだと思って観ていた。八百長っぽく見える場面はアンリトンルールのようなものがあるからそうなっているのだと解釈していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。