ガス警報器、火災警報器専用のカバーがあると便利だと思う。

バルサン(おもいっきり商品名だな)を炊くのは面倒くさい。
パソコンや精密そうな電化製品には覆いを被せなければならないから。
忘れてはいけないのはガス警報器と火災警報器だ。そのままにしておいたらバルサンに反応してけたたましい音が鳴る。

私が現在住んでいるマンションの部屋には、もともとガス警報器と火災警報器が備え付けられているのだが、どちらにもコンセント等の電源が見当たらない。電線は壁の内側にある。電池を入れるところも見当たらない。だから警報の電源を切っておくことができない。
もし簡単なスイッチがあれば、バルサンを炊く時はスイッチを切ればいいのだから楽ちんなのに・・・、でもそれじゃあ、忘れててスイッチを切りっぱなしにしてしまう人がいるだろうから、そうならないようにしているんだろうね。

というわけでバルサンを炊く時は、ナイロンの袋とかで警報器を覆うことになるわけだが、これがちょと面倒くさい。隙間ができないように注意深くテープを貼らないといけないし。

何年か前、警報器専用の着脱が簡単なカバーがあれば便利なのではないかと思い付いた。そして、そのようなカバーはどこにも売っていなかったので、「そうだ。このアイデアで特許を取れるかもしれない」と考え付いた。
特許の手続きとか何も分からなかったので、本屋でそっち方面の本をぱらぱら立ち読みしてみたら、予想通りけっこう面倒くさそうだった。
そこで、特許関連か警報器関連のところに電話をかけて(どこにかけたか忘れた)バルサン・カバーのアイデアを話してみた。
そしたら、担当者の人からアイデアとしてはあまり画期的ではない云々と説明された。
結局このアイデアは取り下げることにした。

でも、今でもこれは、けっこうイケてるアイデアだと思っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。