ライガー、タイゴン、レオポン、ラバ

ライガーは父がライオンで母がトラ(タイガー)。
タイゴンは父がトラ(タイガー)で母がライオン。
レオポンは父がヒョウ(レパード、レオパルド)で母がライオン。
これらの交雑種の名称は、どれも「父、母」という順番であることに気付けば覚えやすい。

ラバは父がロバで母がウマ。
ケッテイは父がウマで母がロバ。
これも工夫すればどっちがどっちか迷わずに済む。(「ラバ」「ケッテイ」という名称自体は頭に入っていることを前提にしています)
まず、ラバの方がケッテイよりも体が大きく丈夫で家畜として役に立つということを頭に入れておく(ラバの方が有名なのだから容易だ)。
ロバよりウマのほうが体がでかい。だから、ウマから産まれるのがラバだ。これでOK。
私はもう随分昔に、この覚え方で「ラバ」と「ケッテイ」を克服しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。