中韓がどんなにわめき散らしても、15日の靖国神社は人でいっぱい。

菅や鳩山は論外として、右寄りとされる首相ですら8月15日には靖国神社へ参拝しないのが普通になってしまっている。どうやら中国や韓国は裏で薄汚い脅しを仕掛けているにちがいない。そうでなきゃ安倍首相が15日に参拝しないはずがないもん。「もし参拝しやがったら経済制裁するぞ」とか言われてるに決まってる。もっとも日本国内にも、参拝をさせないようにするうるさい勢力があるらしいけど。

首相という責任の大きな立ち場だと、悪辣な中韓の工作により靖国神社への参拝がむずかしくなるだろうが、一般の国民はそうではない。中韓がどんだけわめき散らしても、8月15日の靖国神社は人でいっぱいになるのである。むしろ、中韓がウザいから意地でも行ってやると思って参拝しに行った人も多いかもしれない。
もちろん、靖国が満員だからといって国民の大多数が「8月15日参拝」の支持者とは限らない。日本は人口が一億人を超えているのだから、支持者の割合がごくごく小さなものであったとしても、そのいくらかが靖国に来たら人でいっぱいになるだろう。(と、一応言ってみたけど、割合が少ないなんてことはないよ。終戦直後の洗脳とは無縁の世代が増えてきているからね)
とはいえ、中韓が何を言おうと、8月15日の靖国神社が人でまばらになったりはしないのは良いことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。