順に並べる【その二】

順に並べる」の「その一」には、「順序のある多答〔小〕」が45項目、「順序のある多答〔大〕」が15項目あります(「大統領」はカウントしていません)。

このページ(その二)は、「〔大〕」専用にすることにしました。

そして、「その三」を「〔小〕」専用のページにします。

★順序のある多答〔大〕

§ ギリシア文字

1 Α α アルファ 13 Ν ν ニュー
2 Β β ベータ 14 Ξ ξ クサイ
3 Γ γ ガンマ 15 Ο ο オミクロン
4 Δ δ デルタ 16 Π π パイ
5 Ε ε イプシロン 17 Ρ ρ ロー
6 Ζ ζ ゼータ 18 Σ σ シグマ
7 Η η イータ 19 Τ τ タウ
8 Θ θ シータ 20 Υ υ ウプシロン
9 Ι ι イオタ 21 Φ φ ファイ
10 Κ κ カッパ 22 Χ χ カイ
11 Λ λ ラムダ 23 Ψ ψ プサイ
12 Μ μ ミュー 24 Ω ω オメガ

§ 将棋の名人 ※十四世以降は実力制の「永世名人」

一世名人・・・初代大橋宗桂
二世名人・・・二代目大橋宗古
三世名人・・・初代伊藤宗看
四世名人・・・五代目大橋宗桂
五世名人・・・二代目伊藤宗印
六世名人・・・三代目大橋宗与
七世名人・・・三代目伊藤宗看
八世名人・・・九代目大橋宗桂
九世名人・・・六代目大橋宗英
十世名人・・・六代目伊藤宗看
十一世名人・・・八代目伊藤宗印
十二世名人・・・小野五平
十三世名人・・・関根金次郎
十四世名人・・・木村義雄
十五世名人・・・大山康晴
十六世名人・・・中原誠
十七世名人・・・谷川浩司
十八世名人・・・森内俊之
十九世名人・・・羽生善治

§ 十界(十方界) ※天台宗

◆四聖(ししょう)

仏界、菩薩界、縁覚界、声聞界

◆六道

天界、人界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界

§ 兄弟、姉妹など (年長者から順に)

≪『若草物語』:マーチ家の四人姉妹≫
メグ(マーガレット)、ジョー(ジョゼフィーン)、ベス(エリザベス)、エイミー

≪『細雪』:蒔岡家の四人姉妹≫
鶴子、幸子、雪子、妙子

≪『三人姉妹』:プローゾロフ家の三人姉妹≫
オーリガ、マーシャ、イリーナ

≪『カラマーゾフの兄弟』≫
ドミートリイ(ミーチャ)、イヴァン(ワーニャ)、アレクセイ(アリョーシャ)

≪北欧神話:ノルン三姉妹≫
ウルズ、ヴェルザンディ(ヴェルダンディ)、スクルド

§ 中国・唐代の文学史の4区分

初唐・・・王勃、楊炯(ようけい)、盧照鄰、駱賓王(初唐の四傑)
盛唐・・・李白、杜甫、王維、孟浩然
中唐・・・白居易、韓愈、柳宗元、李賀
晩唐・・・杜牧、李商隠

§ 小惑星番号10番までの天体とその発見者

  1. ケレス・・・ジュゼッペ・ピアッツィ
  2. パラス・・・ハインリヒ・ヴィルヘルム・マトイス・オルバース
  3. ジュノー・・・カール・ルートヴィヒ・ハーディング
  4. ベスタ・・・ハインリヒ・ヴィルヘルム・マトイス・オルバース
  5. アストラエア・・・カール・ルートヴィヒ・ヘンケ
  6. ヘーベ・・・カール・ルートヴィヒ・ヘンケ
  7. イリス・・・ジョン・ラッセル・ハインド
  8. フローラ・・・ジョン・ラッセル・ハインド
  9. メティス・・・アンドリュー・グラハム
  10. ヒギエア・・・アンニーバレ・デ・ガスパリス

§ レジオンドヌール勲章(階級の上から順)

※右は女性初の受賞者
グランクロワ ブリュロン未亡人マリー・アンジェリク・デュシュマン(1851年)
グラントフィシエ ローザ・ボヌール(1895年)
コマンドゥール アンナ・ド・ノアイユ(1931年)
オフィシエ シドニー=ガブリエル・コレット(1953年)
シュヴァリエ ジュヌヴィエーヴ・ド・ゴール=アントニオーズ(1998年)

§ 巨人(読売ジャイアンツ)歴代4番打者

1 永沢富士雄、2 伊藤健太郎、3 中島治康、4 筒井修、5 前川八郎、6 水原茂、7 川上哲治、8 青田昇、9 木暮力三、10 中村政美、11 ヴィクトル・スタルヒン、12 近藤貞雄、13 川畑博、14 黒沢俊夫、15 小松原博喜、16 平山菊二、17 宇野光雄、18 南村侑広、19 手塚明治、20 宮本敏雄、21 樋笠一夫、22 藤尾茂、23 柏枝文治、24 与那嶺要、25 長嶋茂雄、26 坂崎一彦、27 国松彰、28 王貞治、29 池沢義行、30 森昌彦、31 相羽欣厚、32 吉田勝豊、33 田中久寿男、34 高倉照幸、35 森永勝也、36 柴田勲、37 末次利光、38 柳田俊郎、39 張本勲、40 淡口憲治、41 デーブ・ジョンソン、42 ジョン・シピン、43 山本功児、44 ロイ・ホワイト、45 中畑清、46 ゲーリー・トマソン、47 松原誠、48 原辰徳、49 レジー・スミス、50 ウォーレン・クロマティ、51 呂明賜、52 駒田徳広、53 吉村禎章、54 マイク・ブラウン、55 フィル・ブラッドリー、56 ロイド・モスビー、57 ジェシー・バーフィールド、58 岡崎郁、59 大久保博元、60 落合博満、61 広沢克、62 松井秀喜、63 シェーン・マック、64 清原和博、65 石井浩郎、66 高橋由伸、67 ドミンゴ・マルティネス、68 ロベルト・ペタジーニ、69 小久保裕紀、70 李承燁、71 二岡智宏、72 阿部慎之助、73 小笠原道大、74 アレックス・ラミレス、75 長野久義、76 村田修一、77 ホセ・ロペス、78 ジョン・ボウカー、79 レスリー・アンダーソン、80 フレデリク・セペダ、81 大田泰示、82 坂本勇人、83 中井大介、84 亀井善行

§ 【世界の島】 面積の大きさランキング(20位まで)

※参照した資料によって順位や面積の数値が若干異なっていましたので、もしかしたらこの表には誤りがあるかもしれません。
順位 面積(km2 最高峰
1 グリーンランド 2,175,600 ギュンビョルン山
2 ニューギニア島 786,000 プンチャック・ジャヤ(カルステンツ山)
3 ボルネオ島(カリマンタン島) 743,330 キナバル山
4 マダガスカル島 587,041 マロモコトロ山
5 バフィン島 507,451 オーディン山
6 スマトラ島 473,600 クリンチ山
7 本州 227,970 富士山
8 グレートブリテン島 219,850 ベン・ネビス山
9 ビクトリア島 217,291
10 エルズミーア島 196,235 バーボー・ピーク
11 スラウェシ島 174,600 ランテマリオ山
12 南島[ニュージーランド] 151,215 クック山
13 ジャワ島 126,700 スメル山
14 北島[ニュージーランド] 113,729 ルアペフ山
15 ニューファンドランド島 111,390 ルイスヒルズ
16 キューバ島 105,007 トゥルキーノ山
17 ルソン島 104,688 プログ山
18 アイスランド島 102,828 クヴァンナダルス・フニュークル
19 ミンダナオ島 94,630 アポ山
20 アイルランド島 84,406 カラントゥール山

§ 『ナルニア国物語』

≪C・S・ルイスの全7巻からなる小説≫

  1. 『ライオンと魔女』
  2. 『カスピアン王子のつのぶえ』
  3. 『朝びらき丸 東の海へ』
  4. 『銀のいす』
  5. 『馬と少年』
  6. 『魔術師のおい』
  7. 『さいごの戦い』

※年代順では、『魔術師のおい』『ライオンと魔女』『馬と少年』『カスピアン王子のつのぶえ』『朝びらき丸 東の海へ』『銀のいす』『さいごの戦い』となる。

≪映画≫

『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』
『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』
『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』

☆歴代の長

§ 国際ペンクラブ会長

  1. ジョン・ゴールズワージー[英](1923~1933)
  2. H・G・ウェルズ[英](1933~1936)
  3. ジュール・ロマン[仏](1936~1941)
  4. モーリス・メーテルリンク[ベルギー](1947~1949)
  5. ベネデット・クローチェ[伊](1949~1952)
  6. チャールズ・モーガン[英](1953~1956)
  7. アンドレ・シャンソン[仏](1956~1959)
  8. アルベルト・モラヴィア[伊](1959~1962)
  9. ビクター・ファン・フリースランド[オランダ](1962~1965)
  10. アーサー・ミラー[米](1965~1969)
  11. ピエール・エマニュエル[仏](1969~1971)
  12. ハインリヒ・ベル[独](1971~1974)
  13. ビクター・プリチェット[英](1974~1976)
  14. マリオ・バルガス=リョサ[ペルー](1976~1979)
  15. ペール・ウェストベリ[スウェーデン](1979~1986)
  16. フランシス・キング[英](1986~1989)
  17. ルネ・タベルニエ[仏](1989~1990)
  18. ゲオルギュー・コンラッド[ハンガリー](1990~1993)
  19. ロナルド・ハーウッド[英](1993~1997)
  20. ホメロ・アリディス[メキシコ](1997~2003)
  21. イジ・グルーサ[チェコ](2003~2009)
  22. ジョン・ラルストン・ソウル[カナダ](2009~)

§ 日本ペンクラブ会長

  1. 島崎藤村(1935~1943)
  2. 正宗白鳥(1943~1947)
  3. 志賀直哉(1947~1948)
  4. 川端康成(1948~1965)
  5. 芹沢光治良(1965~1974)
  6. 中村光夫(1974~1975)
  7. 石川達三(1975~1977)
  8. 高橋健二(1977~1981)
  9. 井上靖(1981~1985)
  10. 遠藤周作(1985~1989)
  11. 大岡信(1989~1993)
  12. 尾崎秀樹(1993~1997)
  13. 梅原猛(1997~2003)
  14. 井上ひさし(2003~2007)
  15. 阿刀田高(2007~2011)
  16. 浅田次郎(2011~)

§ 歴代のIOC会長及び国連事務総長
※並べてしまいました…(^_^)

国際オリンピック委員会会長 国際連合事務総長
1 ディミトリオス・ヴィケラス[ギリシャ)] トリグブ・リー[ノルウェー]
2 ピエール・ド・クーベルタン[フランス] ダグ・ハマーショルド[スウェーデン]
3 アンリ・ド・バイエ=ラトゥール[ベルギー] ウ・タント[ビルマ]
4 ジークフリード・エドストレーム[スウェーデン] クルト・ヴァルトハイム[オーストリア]
5 アベリー・ブランデージ[アメリカ] ハビエル・ペレス=デ=クエヤル[ペルー]
6 キラニン卿[アイルランド] ブトロス・ブトロス=ガーリ[エジプト]
7 フアン・アントニオ・サマランチ[スペイン] コフィー・アナン[ガーナ]
8 ジャック・ロゲ[ベルギー] 潘基文(パン・ギムン)[韓国]
9 トーマス・バッハ[ドイツ]

§ 日本オリンピック委員会(JOC)会長

  1. 嘉納治五郎(1911~1921年)
  2. 岸清一(1921~1933年)
  3. 大島又彦(1936~1937年)
  4. 下村宏(1937~1942年)
  5. 平沼亮三(1945~1946年)
  6. 東龍太郎(1947~1958年)
  7. 津島寿一(1959~1962年)
  8. 竹田恒徳(1962~1969年)
  9. 青木半治(1969~1973年)
  10. 田畑政治(1973~1977年)
  11. 柴田勝治(1977~1989年)
  12. 堤義明(1989~1990年)
  13. 古橋廣之進(1990~1999年)
  14. 八木祐四郎(1999~2001年)
  15. 竹田恆和(2001~)

§ 横綱審議委員会委員長

  1. 酒井忠正 (1950~1969年)
  2. 舟橋(ふなはし)聖一 (1969~1976年)
  3. 石井光次郎(みつじろう) (1976~1981年)
  4. 高橋義孝 (1981~1990年)
  5. 上田英雄 (1990~1993年)
  6. 渡辺誠毅(せいき) (1993~1997年)
  7. 坂本朝一(ともかず) (1997~1999年)
  8. 一力(いちりき)一夫 (1999~2001年)
  9. 渡邉恒雄 (2001~2003年)
  10. 石橋義夫 (2003~2007年)
  11. 海老沢勝二(かつじ) (2007~2009年)
  12. 鶴田卓彦(たくひこ) (2009~2013年)
  13. 内山斉(ひとし) (2013~2015年)
  14. 守屋秀繁 (2015~)

§ 戦艦の艦長

≪大和≫
1 宮里秀徳(しゅうとく)、2 高柳儀八、3 松田千秋、4 大野竹二、5 森下信衛(のぶえ)、6 有賀(あるが)幸作

≪武蔵≫
1 有馬馨、2 古村(こむら)啓蔵、3 朝倉豊次(ぶんじ)、4 猪口敏平(いのぐちとしひら)

その三