味では分からないもんなあ。

阪急阪神の食材偽装問題、もしかしたら、これをきっかけに、全国各地のホテルからも偽装が発覚するかもしれませんね。
実は偽装なんか当たり前だったりなんかしてね。
いや、わかりませんけどね。

金を返せと騒いでいる利用客がたくさんいるそうですが、その客は、実際に偽装された料理を食べた時に、どう感じたのでしょうか。本物ではないと気が付いたのでしょうか。

実のところ、料理を食べてみて、それが偽装かそうでないかを判断するのは不可能に近いくらい難しいのではないでしょうか。本物が際立って美味しいというわけではない場合が多いですから。
美味しくないからといって、それが偽装であるとはかぎりません。味の感じ方は個人によって違いますので、たとえ不味かったとしても、ああ、本物はこんなもんか、って思うだけです。

そもそも、値段が高い食材は、非常に美味しいから高いのではなく、希少だから高いのです。

食品偽装がなくならない大きな理由の一つは、味に大差がないことです。
他の理由は、偽装しないと倒産しかねないから、仕方なしに偽装ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。