回転寿司 | 代用魚の名前をそのまま表示したらいいのに。

回転寿司の魚介類の表記は嘘だらけ。
偽装魚(代用魚というらしい)ではないのを探す方が難しいという。

鯛なんか淡水魚だからね。
淡水魚て、・・・全然種類が違うということやん。

回転寿司の偽装は法律違反にはならないそうだ。とはいえ、嘘をついているみたいなものだからそれなりに後ろめたさはあるはずだ。

だから、いっそのこと、正直に代用魚の名前をそのままメニューに表示した方がいいんじゃないかな。

シイラ、オヒョウ、ロコ貝、・・・

なんの問題もないと思うけどね。まあ、「この名前では食べる気がしない」と言われそうな代用魚もあるけど、そんなのすぐ慣れるってば。

それに、回転寿司って、客はメニューの表示を見ずに実物を見て勝手に取っていくという形態だから、なおさら偽装表示する必要ないね。

まあ、回転寿司でも口頭で注文する場合があるけど、メニューにちょっとした説明を加えれば問題ないよ。
例えば、「ロコ貝・・・ほとんどアワビと同じ味!」(実際どうなのか知りませんけど)とか。

代用魚の中には、味が本物に勝ってるのもあるかもしれない。本物の値段が高いのは希少という理由だけだし。

なじみのない魚の名前では客が来なくなるかもしれないなんて考えるのがよくない。
消費者に嘘をついてしまうことをもっとおそれるべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。