昨日の夕刊フジの一面

昨日の大新聞の一面(トップ面)は当然「東日本大震災から2年」に関する記事が一番大きかった。

で、夕刊フジはどうだったか。(C版です。最終版は見てないのでわかりません)

尖閣 安倍着手!!情報収集 中国 測量名目 上陸

という大きな見出しが一番目立っていた。「上陸へ」の「へ」が小さい。これはいつものこと。
その下に「震災2年 復興へ厚い壁」「【3面に記事】」と書いてあった。

これぞ、大新聞と駅売りの新聞との違いですな。

普段の夕刊フジの一面には地震に関する記事が大きく出ることがよくありますよ。
南海トラフの巨大地震や首都直下地震がもうすぐ来るかもしれないという記事が。
大きな見出しで何度も不安を煽っています。

べつに夕刊フジが悪いと言っているのではありません。メディアは役割分担すればいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。