大正、昭和、平成の境目。

大正、昭和、平成、それぞれの最初と最後の日をまとめてみる。平成はまだ終わっていないので最初の日だけ。

※明治初期の頃は太陰太陽暦を用いていました。
元号 最初の日 最後の日
明治 1868年1月25日(明治元年1月1日) 1912年(明治45年)7月30日
大正 1912年7月30日 1926年(大正15年)12月25日
昭和 1926年12月25日 1989年(昭和64年)1月7日
平成 1989年1月8日

明治最後の日と大正最初の日は同じ。(1912年7月30日

大正最後の日と昭和最初の日も同じ。(1926年12月25日

ところが、昭和と平成は境目が重なっていない。

こんなふうになったのは、改元に関する取り決めが昔と今とで異なっているかららしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。