大阪人が「歩く歩道」(動く歩道)を歩く理由。

大阪だったら阪急梅田駅にあるものが有名な「歩く歩道」。(関東あたりだと「動く歩道」と言うのが普通なのかな?)
自分で歩かなくても移動できる便利なものですが、大阪人は動いているその上にいながら、自分でも歩く人が多いです。

なぜ大阪人は「動く歩道」の上を歩くのか。よく挙げられる理由として、「せっかち」だからというのがありますが、それほどせっかちでなくとも、歩きたくなりますよ。

「歩く歩道」を歩く最大の理由。それは、
遅いから。

「歩く歩道」の進む速さは、普通の人が歩く速さより若干遅いんですよ。「歩く歩道」の上でつっ立っていたら、隣の普通に歩いている人に追い抜かれますから。

もしも「歩く歩道」が「うわっ、はやっ!」って思えるくらいの速いスピードで動いているものなら、大阪人でも歩こうとは思いませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。