巨大地震がいつか必ず来ると言われても。

天災は忘れた頃にやって来る。人はその日まで枕を高くして眠っているものだ。むりもない。次の天災まで毎日気を張り詰めていたらそのストレスで寿命が縮まる。
もっとも、近頃は「忘れた頃」になる前に大きめの地震が来ているけど。

首都直下地震や南海トラフ巨大地震がもうすぐ来ると言われるが、大きな被害が出る地域の人がどんどん引っ越ししてその土地から出て行っているという話は聞かない。そりゃそうだ。巨大地震が必ず来るといっても50年以内とかだもん。来るのが、30年後なのか10年後なのか、1年後なのか、3カ月後なのか、1週間後なのか、明日なのか、50年後なのか、今日なのか、分からないんだから、対応しにくいよ。
地震予知が、例えば「3月26日から29日の間に●県●市北部で震度●の地震がある」くらいにピンポイントに近い予知だったら対策できるけどね。
東京の人は現段階では東京を捨てて地震の少なそうなところへ移り住もうとは思わないよ。
人は「その時はその時や」で生きていくのさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。