挨拶を無視する人は。

【ヤフーニュース】
岡村隆史、久米宏に苦言「挨拶したら無視された。嫌われてるのかな。芸能界おかしい」

久米宏が挨拶無視ですか、岡村さん。記事を読んでると、さぞ傷付いたであろうことが想像できます。挨拶無視は芸能界に限ったことではないです。

私が勤めていた新大阪の某ホテルでは、副料理長クラスの肩書きだった約2名の料理人は、食器担当の人間の挨拶を空気のごとく無視していました。
その食器担当組の責任者的ポジションにいたM山(苗字)も、料理人や他の従業員に対しては外面(そとづら)がやけに良く、「おはようございまぁす」と元気に挨拶するのに、私を含めた数人に対しては、こちらから挨拶しても知らん顔。

これまでの経験から分かったことは、挨拶を無視する人間は、挨拶してくる相手を、自分より値打ちが下の取るに足らないどうでもいい人間だと思っているということです。
勿論、「嫌い」「言いそびれた」など他の理由のときもありますが、身分が違う場合は、下っ端のやつに挨拶する必要はないと考えて無視するというパターンが一番多いでしょう。

そもそも「おはよう(ございます)」などの挨拶は、少し気恥ずかしかったり、ちょっと面倒だなと思っている人も案外多いのではないでしょうか。自分が下っ端なら仕方なく挨拶するが、料理長みたいな身分になると、食器洗いの連中に、「おはよう」などという自分の中ではしっくりきていない言葉を言う気にはならないという気持ちになるんでしょうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。