視聴率のジレンマ

【ニュース】フジテレビ社長 視聴率苦戦「アゲるテレビ」テコ入れを明言

日本の社会は高齢化がどんどん進んでいるのだから、テレビの視聴率を上げたかったら中高年や老人向けの番組にしたらいいんじゃないかと思えるけど、その層の人々はCMに影響されにくいので、スポンサーからすれば若者向けの番組の方が好ましいというふうになってしまう。

  • 「F1神話」というのがあるが、F1層は人口が少なくなってきているうえに、テレビ離れもしてきている。
  • F3層は人口が多いけど、CMの効果が少ない。

スポンサーにとっては、若者と年配者のどっちをターゲットにした方が儲かるか、悩ましいところですな。

【参考】

  • C層・・・4~12歳の男女
  • T層・・・13~19歳の男女
  • F1層・・・20~34歳の女性
  • F2層・・・35~49歳の女性
  • F3層・・・50歳以上の女性
  • M1層・・・20~34歳の男性
  • M2層・・・35~49歳の男性
  • M3層・・・50歳以上の男性

ところで、視聴率って、テレビを消している世帯も含めての数字なんだから、テレビ離れが進んだ現在、視聴率が低迷するのは当たり前でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。