近頃話題の悪ふざけ写真。それをした若者の数は多いのか?

コンビニや飲食店で、冷蔵庫の中に体を入れたり、食材の上で寝そべったりして、その写真をネット上に公開するバイトの若者が相次いで出てきています。

「ニュースで取り上げるから真似するヤツが出てくるんだ」「最近の若者は食材をおもちゃにしてはいけないと教えられていないからああいうことをする」など、悪ふざけ写真の公開が増えている理由がいろいろ述べられていますが、いちばんの原因はスマホの普及でしょう。昔から、常にカメラを持ち歩いている人は多くはなかったですし、今でもそうなのですが、今は携帯電話・スマホにカメラ機能が付いていますからね。自分の家の外にいる人の大半がいつでも写真を写せる状態にあるのですから、悪ふざけ写真が多くなるのも当たり前です。

ところで、悪ふざけ写真をネットに公開する若者の数は全国的な規模で考えてみても多いのでしょうか? 「この夏、30人近くがおバカ写真で炎上」だそうですが、模倣犯も加えてこの程度の数なら多いとは言えませんな。日本の人口のことを考えたら、とるに足らない数ですよ。
多いと感じるのは錯覚です。
万引き件数と比べたら大したことないです。
まあ、店にとっては、マスコミに報道されることによるイメージの悪化は大打撃ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。