100mで10秒0台をマークした日本選手など

Q.

【1088】2014年のアジア競技大会[韓国・仁川]では100mで銅メダル、400mリレーで銀メダルを獲得した富士通所属の陸上競技選手で、今年5月10日に等々力陸上競技場で行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上2015川崎」の男子100mで10秒09をマークして2位に入ったのは誰? この10秒09は、向かい風の中で記録した日本人初の10秒0台です。

【1089】「セイコーゴールデングランプリ陸上2015川崎」の女子やり投で、自身の持つ日本記録を97センチ更新する63m80の新記録をマークした選手は誰?

A.

【1088】高瀬慧(たかせ・ けい)

☆100メートル走 10秒0台 日本男子

10秒00:伊東浩司

10秒01:桐生祥秀

10秒02:朝原宣治

10秒03:末續慎吾

10秒07:江里口匡史、山縣亮太

10秒09:塚原直貴、高瀬慧

※2015年5月13日現在

【1089】海老原有希(えびはら・ゆき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。