★第152回芥川賞・直木賞

Q.

【721】翻訳家としてもV・S・ナイポールの『ミゲル・ストリート』、エドゥアール・グリッサンの『多様なるものの詩学序説』、アミタヴ・ゴーシュの『ガラスの宮殿』、マリー・ンディアイの『ロジー・カルプ』などを手がけている、代表作に『にぎやかな湾に背負われた船』『マイクロバス』『浦からマグノリアの庭へ』『夜よりも大きい』などがある小説家・文学者で、このたび、『九年前の祈り』で第152回芥川賞を受賞したのは誰?

【722】1977年イランのテヘランに生まれ、エジプトや大阪で育ち、2004年に『あおい』でデビューした、『さくら』『きいろいゾウ』『通天閣』『窓の魚』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』『ふくわらい』『地下の鳩』『ふる』などの作品がある小説家で、このたび、『サラバ!』で第152回直木賞を受賞したのは誰?

A.

【721】小野正嗣(まさつぐ)

【722】西加奈子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。