第158回芥川賞・直木賞 候補

Q.

第158回芥川賞 候補

【5602】2015年からインドのタミル・ナードゥ州チェンナイのIT企業で日本語教師として働いている、大阪府枚方市出身の小説家で、2017年、「百年泥」(ひゃくねんどろ)で第49回新潮新人賞を受賞し、2018年、同作で第158回芥川龍之介賞を受賞したのは誰?

答:石井遊佳(ゆうか)

【5603】そのタイトルは宮沢賢治の詩「永訣の朝」の一節「Ora Orade Shitori egumo」にちなんでいる、専業主婦だったが55歳の時に夫に先立たれた若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)の文藝賞受賞作にして芥川賞受賞作である小説家デビュー作は何?
※文藝賞は史上最年長で受賞。芥川賞も、「abさんご」で受賞した黒田夏子の75歳に次いで史上2番目の高齢である63歳で受賞。
答:「おらおらでひとりいぐも」

【5604】「月食の日」で第139回芥川賞候補、「雪子さんの足音」で第158回芥川賞候補となっている小説家で、主な作品に、文學界新人賞受賞作である『風化する女』や、『島の夜』『イギリス海岸 イーハトーヴ短篇集』『花束』『見知らぬ人へ、おめでとう』『黒うさぎたちのソウル』『春待ち海岸カルナヴァル』『夜の隅のアトリエ』『まっぷたつの先生』などがあるのは誰?
答:木村紅美(くみ)

【5605】「グレート生活アドベンチャー」で第137回芥川賞候補、「愛が挟み撃ち」で第158回芥川賞候補となった、劇団「五反田団」(ごたんだだん)を主宰する人物で、戯曲『生きてるものはいないのか』で第52回岸田國士戯曲賞、小説『夏の水の半魚人』で三島由紀夫賞、NHKドラマ『徒歩7分』で向田邦子賞を受賞したのは誰?
答:前田司郎

【5606】『盤上の夜』(第33回日本SF大賞受賞作)で第147回直木賞候補、『ヨハネスブルグの天使たち』(第34回日本SF大賞特別賞受賞作)で第149回直木賞候補、「カブールの園」(第30回三島由紀夫賞受賞作)で第156回芥川賞候補、『あとは野となれ大和撫子』で第157回直木賞候補、「ディレイ・エフェクト」で第158回芥川賞候補となった小説家で、2013年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞し、2017年、『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞したのは誰?
答:宮内悠介

第158回直木賞 候補

【5607】『東京帝大叡古(えーこ)教授』で第153回直木賞候補、『家康、江戸を建てる』で第155回直木賞候補となっている、2003年に「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、2006年に『天才たちの値段』で単行本デビューした小説家で、宮沢賢治の父、政次郎(まさじろう)を主人公にした『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞したのは誰?
答:門井慶喜(かどい・よしのぶ)

【5608】2010年、「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」の読者賞を受賞。主な作品に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『神様のケーキを頬ばるまで』『桜の下で待っている』『やがて海へと届く』『朝が来るまでそばにいる』『眠れない夜は体を脱いで』などがある小説家で、2017年、『くちなし』で第158回直木賞候補となったのは誰?
答:彩瀬(あやせ)まる

【5609】2008年、本名の永島順子名義で応募した「夏の終わりのトラヴィアータ」で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、2009年に筆名を改め、同作(※『風待ちのひと』に改題)でデビューし、2010年に上梓した『四十九日(しじゅうくにち)のレシピ』はのちにテレビドラマ化や映画化もされた小説家で、『ミッドナイト・バス』で第151回直木賞候補、『彼方の友へ』で第158回直木賞候補となったのは誰?
答:伊吹有喜(いぶき・ゆき)

【5610】母も同じく小説家の澤田ふじ子。2011年、『孤鷹の天』(こようのてん)により史上最年少で中山義秀(ぎしゅう)文学賞を受賞した小説家で、『満つる月の如し 仏師・定朝』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞(2012年度)を受賞しており、『若冲』(じゃくちゅう)(※親鸞賞受賞作)で第153回直木賞候補、『火定』(かじょう)で第158回直木賞候補となったのは誰?
答:澤田瞳子(とうこ)

【5611】小説家デビュー作『ふたご』で第158回直木三十五賞候補となった藤崎彩織(さおり)が、Saori名義で所属している4人組の人気バンドは何?
答:SEKAI NO OWARI

A.(クイズの答え)

【5602】石井遊佳(ゆうか)

【5603】「おらおらでひとりいぐも」

【5604】木村紅美(くみ)

【5605】前田司郎

【5606】宮内悠介

【5607】門井慶喜(かどい・よしのぶ)

【5608】彩瀬(あやせ)まる

【5609】伊吹有喜(いぶき・ゆき)

【5610】澤田瞳子(とうこ)

【5611】SEKAI NO OWARI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。