二千円札

最近、というか、その誕生期から二千円札を見かける機会が少ない。
ここ何年かはまったく二千円札を目にしていない。

二千円札は本当に必要のないお札なのでしょうか。
私はそうは思いません。

数百円のものを買う時に一万円札や五千円札のような大きいお金を出すのは少し心苦しいですよね。店の人がレジから、お釣りとして貴重な千円札をたくさん渡さなければいけなくなりますから。
こんな時、もし二千円札が普及していたならば、例えば9000円以上のお釣りをレジから出す場合、千円札を9枚出す代わりに、二千円札4枚と千円札1枚出せばいいのですから。(レジに五千円札がない時)

ジュース等の自動販売機のほとんどが五千円札、一万円札は使用できません。その一番の理由は、おそらく、お釣り用の千円札がすぐになくなってしまわないようにするためではないでしょうか。

二千円札がたくさん流通すれば、二千円札を使える自動販売機が確実に普及します。

二千円札は自動販売機で使えないから不便だと言っている人がいましたが、五千円札と一万円札だってそうでしょう。

諸外国では「2」の単位の貨幣は珍しくない。
わが国でも二千円札を普及させるべきだ。

二千円札」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。