2013年パ・リーグ個人タイトル

知らぬ間にタイガースがCSで敗退。まったく、暗いがマックスなシリーズですな。

そんなことはおいといて、10月11日に引き続きまして、今度はパ・リーグの個人タイトルのメモです。

今年はなんといっても、神の子、マー君こと田中将大投手でしょう。さすがハンカチ世代。ハンカチ世代といえば他にも坂本勇人とか前田健太とかすごい選手がいろいろいるようですね。すごくない選手も何人かいるみたいですけど。
「ハンカチ世代」という呼び方には否定的な意見も多いようです。なぜなら、斎藤佑樹投手はハンカチを使わなくなったから。えっ、ちがう?

さて、今年(2013年)の田中将大投手[楽天]が1位だったタイトルはですね、勝率10割、24勝0敗で最多勝利、それから防御率1.27。今のプロ野球のローテーションで24勝て・・・、そら全部勝つしかないですわ。ちなみに勝利数2位は、15勝8敗で3人が並んでいます。その3人とは金子千尋[オリックス]、攝津正[ソフトバンク]、則本昂大(のりもとたかひろ)[楽天]です。
最多奪三振は金子千尋の200です。ちなみに田中将大は183で2位でした。
最多セーブは33セーブの益田直也[ロッテ]、最優秀中継ぎは42ホールドポイントの佐藤達也[オリックス]でした。
打者の方はタイトルを分け合っています。
長谷川勇也[ソフトバンク]が.341で首位打者になり、安打数も198で最多でした。
出塁率の1位は.418のエステバン・ヘルマン[西武]でした。
本塁打王はミチェル・アブレイユ[日本ハム](31本)。
打点王は浅村栄斗(ひでと)[西武](110打点)。
盗塁王は陽岱鋼(よう・だいかん)[日本ハム](47盗塁)。

以上、時事クイズ対策メモでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。