ボクシング | パウンド・フォー・パウンド 10傑

Q.

【1124】2015年4月16日に大阪府立体育会館で行われた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで、アルゼンチンのディエゴ・サンティリャンにKO勝ちし、8度目の防衛に成功した帝拳ボクシングジム所属のプロボクサーで、このほど、アメリカのボクシング専門誌『リングマガジン』が選定したパウンド・フォー・パウンド(PFP)の世界10傑で、日本人として初めて10位以内にランクインしたのは誰?
※10位に選出されました。ちなみに、フロイド・メイウェザー・ジュニアは1位、マニー・パッキャオは6位でした。

『リングマガジン』[米]が選定したPFP世界10傑(2015年5月)

1位:フロイド・メイウェザー・ジュニア[米]

2位:ローマン・ゴンサレス[ニカラグア]

3位:ウラジミール・クリチコ[ウクライナ]

4位:ゲンナジー・ゴロフキン[カザフスタン]

5位:ギレルモ・リゴンドウ[キューバ]

6位:マニー・パッキャオ[フィリピン]

7位:カール・フローチ[英]

8位:セルゲイ・コバレフ[ロシア]

9位:テレンス・クロフォード[米]

10位:山中慎介 ←【1124】の答え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。