IAAF世界年間最優秀選手賞 2015年 | 3問

このほど、国際陸上競技連盟(IAAF)は、2015年の最優秀選手を発表しました。
男子・女子それぞれの最優秀選手は、以下のクイズ【2003】【2004】の答えです。

Q.

【2003】妻はカナダの七種競技選手ブリアンヌ・タイゼン(世界陸上で2013年・2015年の2大会連続で銀メダルを獲得)。2012年のロンドン五輪や2013年と2015年の世界陸上で金メダルを獲得しているアメリカの十種競技選手で、ロンドン五輪のアメリカ代表選考会においてロマン・セブルレ[チェコ]の世界記録9026点を更新する9039点をマークし、セブルレ次いで史上2人目の9000点の壁を突破した選手となったのは誰?
※2015年の世界陸上[北京]では世界記録の9045点で優勝。

【2004】今年の世界陸上・北京大会では1500mで金メダル、5000mで銅メダルを獲得しているエチオピアの女子陸上選手で、姉のティルネシュもオリンピックで3つの金メダルを獲得している名ランナーとして知られるのは誰?
※ティルネシュは5000mの世界記録保持者。妹の〔答えの人物〕は1500mの世界記録保持者。

【2005】2015年7月にコロンビアのサンティアゴ・デ・カリで行われた第9回世界ユース陸上競技選手権大会において、100mで10秒28、200mで20秒34と共に大会記録で優勝して2冠を達成した、ガーナ人を父親に持つ日本の陸上競技選手で、2015年の国際陸上競技連盟(IAAF)年間表彰で「RISING STAR AWARD」(新人賞)に選出されたのは誰?

A.

【2003】アシュトン・イートン

【2004】ゲンゼベ・ディババ

【2005】サニブラウン・アブデル・ハキーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。