Q.

【3367】米長邦雄がタイトル戦で採用したことで広まった鷺宮定跡(さぎのみやじょうせき)の生みの親であり、この戦法により升田幸三賞を受賞している、弟子に西尾明、安食総子(あじき・ふさこ)らがいる棋士番号114の将棋棋士(九段)で、今年8月25日に発売された、3×3の小型の盤で対戦する「9マス将棋」(※初期配置が40通りもある)を考案したのは誰でしょう?

【3368】その「エデュケーション局」から、「どうぶつしょうぎ」や「9マス将棋」を発売している出版社は何?

A.

【3367】青野照市(てるいち)

【3368】幻冬舎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。