第151回芥川賞・直木賞(平成26年度上半期)候補作

クイズ屋は必ずチェックする芥川賞・直木賞の季節がやってきました。

今回の候補作数は、芥川賞が5作品、直木賞が6作品です。同じ数ではないんですね。
過去の候補作数を調べてみますと、ここ10年は両賞どちらも5、6作品が選ばれています。

では、ノミネートされた11人の中から2人を選んでクイズにします。

【64】このたび、小説『マダム・キュリーと朝食を』で第151回芥川賞候補となった、漫画家としても活躍している作家で、シャーロキアンとしても知られる精神科医・作家の小林司を父に持つのは誰?

【65】このたび、「疫病神」シリーズ最新刊『破門』により自身6度目の直木賞候補となった推理作家は誰?

クイズの答えは、・・・・

全候補者名を以下に記述しますので、これをもって答えの代わりとさせていただきます。

▼第151回芥川賞候補作品

  • 戌井昭人『どろにやいと』
  • 小林エリカ『マダム・キュリーと朝食を』
  • 柴崎友香『春の庭』
  • 羽田圭介『メタモルフォシス』
  • 横山悠太『吾輩ハ猫ニナル』

▼第151回直木賞候補作品

  • 伊吹有喜『ミッドナイト・バス』
  • 黒川博行『破門』
  • 千早茜『男ともだち』
  • 貫井徳郎『私に似た人』
  • 柚木麻子『本屋さんのダイアナ』
  • 米澤穂信『満願』

第151回芥川賞・直木賞(平成26年度上半期)候補作」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。