カテゴリー別アーカイブ: ブログだ。

早押しボードのルーツは1994年2月27日?

早押しボード(早押しボードクイズ)という、すっかり定着したクイズ形式があります。

早押しとボードを組み合わせた形式で、得点は、押して正解なら ±(プラスマイナス)3、ボード正解なら ±1 というのが一般的なルールです。
(※かなり省略した説明です)

ところで、この早押しボード、最初に行われたのはいつなんでしょう?

私が思うに、それは、

1994年(平成6年)2月27日にTBSの『THE・プレゼンター』枠で放送された、『史上最強のクイズ王決定戦・全国選抜サバイバルマッチ』の準決勝だったのではないでしょうか。
(※『史上最強のクイズ王決定戦』の特別編です)

▼参照ページ

【クイズ辞典】史上最強のクイズ王決定戦

【Wikipedia】史上最強のクイズ王決定戦・全国選抜サバイバルマッチ

でも、私が知らないだけで、もしかしたら、早押しボードのような形式は、それ以前のもっと昔から、当たり前のように行われていたのかもしれません。

本当のところは分かりませんが、少なくとも、私がクイズを始めて間もないころは、私の周りには早押しボードなる形式は存在していませんでした。

最初かどうかはともかく、「クイズ界」で早押しボード(略称:早ボ(ハヤボ))が定番化するきっかけとなったのは、平成6年2月27日に放送された『史上最強のクイズ王決定戦』の特別番組の中で行われた早押しボードクイズ(*)であるというのは、おそらく間違いないでしょう。
(*)同番組では、押して不正解の場合は、マイナス3ではなくて、1回休みだったようですね。今の一般的な早ボのルールとは違っています。全然記憶にありませんでした。

平成6年のあの日以降です。早押しボードが各地で当たり前のように行われるようになったのは。

確かなことは、「長文クイズ」なるものが影も形もない時代から、早押しボードは存在していたのであります。

本当だ!YouTubeで「青山繁晴」と検索してもヒットしない。

YouTube(ユーチューブ)も、巨悪による言論弾圧に屈するということか。

多分、今月あたりからだと思われますが、YouTubeで「青山繁晴」が検索できなくなっています。

本当かどうか、私も今日(平成29年10月29日)、確かめてみました。

まずは、「青山繁晴」で検索してみました。本来なら動画がずらずらと出てくるはずなのに、どういうわけか、YouTubeのチャンネルばかりが出てきます。「動画」は1つもヒットしません。
試しに、言論弾圧の被害者として真っ先に思いつく「百田尚樹」で検索すると、関連した動画が問題なく表示されました。
つまり、YouTubeの不具合とかではないということです。

「青山」と「繁晴」の間にスペースを入れると、普通に検索結果が出てきます。スペースは半角でも全角でも同じ結果でした。

では、「青山繁晴」プラス〔何かのキーワード〕で検索すると、どのような結果が出るのでしょう。

「青山繁晴 選挙」、「青山繁晴 演説」、「青山繁晴 選挙演説」では、動画が1件もヒットしません。チャンネルばかりが出てきます。

「青山繁晴 講演」、「青山繁晴 慰安婦」で検索すると、動画はずらずらと出てくるのですが、青山さんに直接関係のある動画は見当たりませんでした。

他の単語でもいろいろ試してみました。

「青山繁晴 〔ホニャララ〕」で、「ホニャララ」の部分を以下の単語にすると、やっぱりというか、全然検索できませんでした。(チャンネルばかりが出てきます)
「拉致」「北朝鮮」「韓国」「中国」「国会」「加計学園」「虎ノ門ニュース」「on the road」「ザ・ボイス」「アンカー」
※「アンカー」は、関西テレビで放送されていた『FNNスーパーニュースアンカー』のことです。

「青山繁晴 メタンハイドレート」で検索すると、普通に関連動画が出てきました。
YouTubeに圧力をかけた巨大組織にとってはどうでもいいということでしょうか。

上記の「慰安婦」「拉致」「北朝鮮」~といったキーワード(ホニャララ)でも、「青山」と「繁晴」の間にスペースを入れて、「青山 繁晴 〔ホニャララ〕」で検索すると、ちゃんと関連動画がヒットします。

失格リスクがなければ押して正解できるという場合もある。

「誤答」論議が賑やかなので、ちょっと乗っかってみます。

なにやら、2年ほど前から、クイズプレイヤーの間で「誤答」ルールへの対応の仕方が変わったそうです。
例えばナナサンなら、2バツまではオッケーというルールをほんの序盤から最大限に活かすという戦略が主流になっているとのこと。
うかうかしている間に対戦相手に先んじられてしまうくらいなら、最初から前がかりでいくのもアリかもしれない。

でも、早々と2バツを背負うのはやっぱり不利です。
なぜって、2バツじゃなかったら(失格のリスクがない状態だったのなら)押して正解できたのにぃ、という場面がしょっちゅうあるからです。クイズプレイヤーなら皆、そういう経験があるでしょう。

クイズをやっていたら、「うーん、確実に正解という自信はないけど、多分、あれが正解かなあ?」という設問によく出くわします。誤答する余裕がある状態なら、100%正解の自信がなくても正解して得点を積み重ねていくことが出来る場合が多いのです。これが、「あと1バツで失格」状態だと、なかなか押しにくいものです。

「nバツ失格」ルールの早押しクイズの1セットにおいて、各プレイヤーの正解可能な問題の数は、序盤に背負うバツの数によって大きく変わってくると言えます。

縦、恣、擅などに共通する訓読み

Q.

【4700】漢字で、「たに(谷)」に「あくび(欠)」と書くと「ほしい(欲しい)」。では、もう一声(ひとこえ)!、「にすい(冫)」に「あくび」「したごころ(心)」を付けると出来上がる漢字は、かな5文字で何と読む?

今回の投稿は珍しく時事ではありません。

私が何カ月も前に作った早押しクイズのボツ問です。

韻を踏んでいるし、思いついた時は、イケてるネタかなと思ったけど、「にすい」に「あくび」で、ピンポーン、「次」と答えられてしまう可能性が大なので、「もうひとこえ」を入れてみました。

でも、答えの訓読みは、常用漢字表に示されていない「表外」の読みみたいだし、そのように読む漢字は慣用読みも含めて他にもいろいろあるし(※縦、擅など)、ちょっと難易度が高いかなと思いまして結局ボツにしました。

それに、答えの漢字の「にすい」は、1画目が真横に伸びていて、普通の「冫(にすい)」とは違ってるし。

A.

【4700】ほしいまま(恣)

2017年度の新入社員は「ポケモンGO」型

日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が、毎年恒例の、去年流行ったものの後ろに「型」を付ける非生産的なレッテル貼りを今年も行いました。

すなわち、

日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が、やらなくてもいいのに、今年も「新入社員タイプ」を発表しました。
(※昭和48年度から平成14年度までは現代コミュニケーションセンターが命名・発表していたものを引き継いだのであった)

では、それについてのクイズを1問。

続きを読む 2017年度の新入社員は「ポケモンGO」型

そもそも、挨拶は要らない

Q.

【4523】社内報に掲載された「レインズを買収して5年。未だに挨拶すら出来ない馬鹿が多すぎる」「個人的に張り倒した輩が何人もいる」「生殺与奪の権は、私が握っている」「どう生きて行くアホ共よ」などと書かれた、代表取締役会長・蔵人金男(くろうど・かねお)による文章がSNS上で拡散され炎上した、レインズインターナショナル、カッパ・クリエイト、アトムなどを傘下に持ち、外食産業を中心に展開する持株会社は何?

続きを読む そもそも、挨拶は要らない

MLBで新ルール「投球せず敬遠」が導入されるかも?

メジャーリーグ(MLB)が、投球をせずに敬遠(故意四球)を認めるという新ルールの導入を進めているというニュースがありました。

試合時間短縮のための案だそうで。

四球を投げるのではなく、申告制にするというのですが、実際にどんな合図を出すのかはまだ不明です。

野球を観戦する人なら、誰もが一瞬は考えつくことでしょうね。でも、敬遠から生まれる“ドラマ”がなくなるしぃ、で、結局、現行のルールでまあいいかと思ってしまう、という人が多いでしょう。

とは言うものの、プロはレベルが高いから、実際問題、敬遠から“ドラマ”が生まれることは滅多にないので、投球をせずに敬遠っちゅうのも、アリといえばアリかもしれませんね。

ニュース記事によりますと、敬遠四球は減少傾向にあるので、試合時間削減は最低限にとどまりそうだという。

敬遠を申告制にしても、省くことが出来る「無駄な時間」は、たかが知れていると。

そうかもしれない。

でも、時間で重要なのは長さそのものではありません。
時間を短く感じるか、長く感じるか、これが重要。

野球の敬遠の時間は大して長くはない。でも、見ているとかったるい。

つまらない時間が省ける案だからこそ、賛成する人もいるのです。

余談。
そういえば、松本人志が、ホームランを打った後にダイヤモンドを1周するのは無意味だと言っていたなあ。

同じ時事ネタを目にしていても…

ある時事クイズの正解者がゼロだったからといって、解答者がその時事をチェックしていなかったとは限らない。正解を答えられるほど記憶に刻んではいなかったが、見覚えならあるという場合も多い。

日々生産される、クイズ的には無意味なネタも大量に含んだ膨大な情報の中から、適当に見つけた時事ネタをピックアップして、それをクイズに加工して出題して、「意外に正解者が少ない」とか言う人がいるが、そんなこと言われたって、他にもチェックしなきゃいけないネタがいっぱいあるんだもん、しょうがないじゃん、あなたとは違うんです、というのが、解答する側の認識だ。

よく見聞きするが、詳しい内容は知られていない事柄について、一歩突っ込んだ内容を問う事が、クイズ界では良い事のように語られているが、出会う情報の全てに立ち止まってはいられないのだから、恣意的にピックアップされた深い知識とやらを知らない・覚えていないというのは仕方のないことだ。

人は、同じ情報源に触れていても、注目するネタはそれぞれ異なる。クイズプレイヤーとてそれは同じ。
ある1つのネタに同じ頻度で触れていても、初期にそのネタに注意を払うかどうかによって記憶の定着度は全然違ってくる。

以下、図解してみる。

ある1カ月間、全く同じ新聞とニュースサイトを読んでいる2人の人物、「Xさん」と「Yさん」がいると仮定する。

クイズで重要そうなある1つの時事ネタを「A」とする。
その他もろもろの情報は「■」で表す。
時の流れは、→(左から右)。つまり、右端が1カ月後。

【Xさん】
A■■■■■■■A■■■■■■■■■A■■A■■■■■■■A■■■■A■■■■■■■■■■■■A■■■A■■■

【Yさん】
■A■■■■■■■A■■■■■■■■■A■■A■■■■■■■A■■■■A■■■■■■■■■■■■A■■■A■■■

早い段階でAに着目したXさんは、その後、何度も目にすることになるAを誰もが知っているベタだと思い込むようになる。

Yさんも、Xさんと同じ頃にAについての記事を初めて読んだが、特に興味を持つことはなく、そのまま読み流してしまった((※読んだ直後は記憶に残っている)。以後、Yさんは、Aを一度や二度ほど目にしたくらいでは、Aについての記憶は定着しない。何回も目にして、やっと、そういえば、Aってのがあるなあ、と思うようになる。

このように、XさんとYさんはAという情報を同じ頻度で触れているが、Aについての認識は大きく違うのである。

というわけで、出題者が「簡単な時事問題なのに意外と正解者が少ない」と思ってしまうのは錯覚である場合も多いのである。

余談。
以上のことは時事以外にも当てはまる。
ある人が問題集でしょっちゅう見ると言っていても、別の人にとっては「そうか?」と思うような“ベタ”も往々にしてある。

ノーベル賞は原則として勝手に与えられるもの

ノーベル文学賞に選ばれたにもかかわらず無視を決め込んでいるボブ・ディランに対し、スウェーデン・アカデミーのメンバーの一人であるペール・ウェストベリという作家が「無礼で傲慢だ」と苦言を呈したというニュースがありました。

それに対し、ネット上では、頼んでもないのに勝手に選んでおいて、どっちが傲慢なんだよと、非難の声が挙がっています。

「勝手に選んでおいて~」という意見が目立ちますが、何を言っているのでしょう。
ノーベル賞なんて、本来、“勝手に”贈られるもんですよ。

「頼んでもないのに~」って、もしノーベル賞が、頼んだら貰えるものだったら、そっちの方が問題ですやん。

ノーベル賞を獲るために頑張るなんて本末転倒。
組織的な「工作」でゲットとか最悪。平和賞なんか特に。

ノーベル賞とは、結果としてついてくるもの。そして、ついてこなくったっていいもの。

推薦状を参考にしたりもするんでしょうけど、業績が偉大なら、そんなの関係なしで、貰える人は貰えるのです。

それはそうと、ボブ・ディランにも非がありますよ。何か事情があるのかもしれませんが、無視しっぱなし(“沈黙”)はいかんでしょ。
選考委員が気分を害するのも当然。

辞退するならするで、それを表明しなきゃ。

「権威あるノーベル賞を拒否するなんてカッコいい」と周りが騒がしくなるのがイヤだから黙っているのでしょうか?

いずれにせよ、授賞式が終わるまでは本当のところはわかりません。
案外素直に受け取るかもしれませんし。


知っていそうで知らないノーベル賞の話 (平凡社新書)