カテゴリー別アーカイブ: 会話

氷水かぶり。一応効果はあった。

😛 なんか最近、次々と有名人が頭から水かぶってるけど、あれ何なん?

👿 知らんのか。あれは、筋萎縮性側索硬化症、カッコ、ALS、カッコ閉じる、別名、ルー・ゲーリッグ病の患者を支援する運動だよ。「アイス・バケツ・チャレンジ」と言ってだな、バケツに入った氷水をかぶるか、あるいは100ドルを寄付するのか、どっちかをやる運動だ。

🙂 そう、よく言えたね。で、やった後は、次にやってもらいたい人を3人指名して、指名された人は24時間以内に氷水かぶりか100ドル寄付のどちらかをするというわけ。

:mrgreen: なんか、昔に流行った「不幸の手紙」とか、ミクシィのバトンを思い出すなあ。

😉 3人にバトンが渡って、それぞれがまた別の3人にバトンを渡すとなると、爆発的にこの運動の輪が広がるんじゃないか。

😀 寄付する人が増える。いい事だ。

😡 ちょっとちょっと、セレブ達が氷水かぶってるってことは、寄付するのではなく氷水を選んだってことだよね。せこいよなあ。

👿 違う違う! セレブ達は両方やってるんだよ。氷水をかぶり寄付もしてるのだよ。そのことをちゃんと書いてないニュース記事が多い。2択じゃなくて、「両方やる」も入れた3択であることを知っておかないと。

🙁 それにしても迷惑だよなあ。そんなバトンが来たら。氷水と寄付の両方がイヤだという人も多いだろうに。しかも24時間以内。忙しい人は氷水用意したりするヒマないでしょ。

😎 忙しい人はバトンが来たら必ず100ドル払わなきゃならないわけか。

🙂 氷水かぶりって、その動画を公開しないと意味ないよね。ビデオカメラを持ってない人が「私は氷水をかぶりました」って言ったところで、信じてもらえないこともあるかも。

😀 まあ、この運動はALSを広く知らしめるためのものでもあるから、「やりました。冷たかったです」とでも書き込むだけでも効果あるだろうから、いいんじゃない。

:mrgreen: 知ってもらいたいんだったら、頭に水をぶっかけてるだけじゃダメでしょ。「ALS」ロゴのTシャツを着るとか、「エイエルエス!」と絶叫するとか、何かしないと。

😐 そんなことより、寄付の額はどうなん?

😀 寄付金の額は爆発的に増えているよ。効果はあったわけだ。

😎 よくよく考えたら、アイスバケツと金を出すのとの2択、あ、3択か、まあいいや、この選択方式だから寄付金を払うのに違和感がなかったわけだ。これが単なる「24時間以内に100ドル寄付せよ。そして3人の人物を指名して同じことをさせよ」だったら大問題になっただろうね。

:mrgreen: 水かぶりがいいカモフラージュになったわけだ。でも、これの真似で、いろんな団体から、寄付と何か変なことの2択のバトンが次々送られてきたらかなわんなあ。無視したら悪いヤツと思われそうだし。

😉 話、変わるけど、動画の氷水の氷、小さいね。かぶってるの見てるとほとんど水じゃん。どうせなら、でっかい氷を頭に落として、イテテテテみたいなことすりゃいいのに。

:mrgreen: そういえば、セレブのリアクションはおとなしめなのが多いな。シャツと背中の間に氷が入って「チベタイーッ!」って叫ぶくらいのことはしてほしいよ。

😎 どうせなら、冬にやる方が面白いよ。そうだ、南半球でバトンを回したらいいんじゃない。

👿 こら、キミたち、運動の趣旨からして、ふざけすぎるわけにはいかんのだよ。

🙁 だけど、なんつーか、この支援運動には違和感を感じるのもたしかだな。

😮 そうだな。ダルビッシュもかぶってたけど、ピッチャーが肩を冷やしたらいかんでしょ。

😯 おいおいおい! いつの時代の話や。野球選手は水泳禁止とか言ってた昭和の頃みたいなこと言ってどうすんの。あと86年で22世紀を迎えようかというこのご時世に。

😀 アイスバケツチャレンジに対する違和感ね。たしかにこのパフォーマンスに疑問を持つ人も多い。売名行為じゃないかという批判もある。でも、忘れちゃいけないのは、動画を公開している有名人は、バトンが回ってきたからそれをやっているのだということ。

:mrgreen: バトンが来たら、やらなしゃあないもんな。

😀 いや、寄付だけするのもありだよ。

😛 ところで、この水かぶり、何に関する運動だったっけ? 忘れてしもた。

《緊急座談会》平和祈念式典における安部首相のコピペスピーチ問題

😯 たいへんだあ。コピペ発覚だあ。

😮 ああ、小保方さんのか。

😯 いや、そんな重要なことじゃない。

:mrgreen: じゃあ、「たいへんだあ」って言うなよ。

😯 安倍首相が広島と長崎での平和式典で、去年とほとんど同じ内容のスピーチをしたんだよ。

:mrgreen: ササイなことだな。

😎 原爆を落とされてからもう69年も経つんだし、話すネタなんかなくなってくるわな。

😛 これって、安倍さんが悪いんじゃなくて、原稿書いた人が悪いんじゃないの。こんなもん去年といっしょでええやろってなもんで、テキトーに済ましたのがいけなかった。

😯 なにぃ! スピーチ内容は首相が自分で考えてるのとちがうのか?

😎 そらそうだろ。首相は多忙なんだ。優先順位からしたら、スピーチライターに任せるのは当然。

🙁 スピーチライターも、なんで「コピペ」にしちゃったんだろう? バレたら問題になるのは予想できただろうに。

🙂 多忙だったんじゃないの。

😎 コピペするにしても、バレにくい工夫をしなかったのはまずかったね。たとえば、さりげなく5年前と8年前の内容を交ぜて、もちろん、そのままじゃなくて、適当に文章を変えてだよ、でもって、それなりのカタチに仕上げれば、気付かれないでしょ。

😡 おいおい、日本の首相は短命なんだよ。そんな何年も前のスピーチなんか、自分以外の誰かが首相の時のやつだろ。

😛 いいじゃん、べつに。政党の理念がどんなに違っていようとも、原爆に関する平和式典で話す内容なんて大して変わらんよ。パクったって違和感ないでしょ。

👿 こら、きみたち! パクったらいいみたいなこと言ってるけど、ちと不誠実なんじゃないのかね。同じ内容を話しときゃいいなんて考えは、ルーチンでやってるみたいで、よくないぞ。

😮 まあ、それはそうなんだけどね。でも、この平和式典で、言うべき大切なことは、突き詰めていけば多くはならないでしょう。

😀 「本当に大切なことは一つ」みたいな感じですか。

:mrgreen: スピーチライターは大変だね。書くべきことは書き尽くしても、過去のスピーチとは違う内容に見える原稿を用意しなきゃなんないんだから。

😉 そこが腕の見せどころ。時事をからめるとかね。

😛 時事を入れたら、違う内容に見えるどころか、違うと言い切ってもいいんじゃない。

😮 そもそも、こういう式典って、毎年やる必要あんのか?

😀 ほんまや。こんなん10年に1回でええやろ。地球が太陽を1周するごとに行事をする意味が分からん。

👿 何をゆっとるんだきみたち! 毎年やらんかったら風化するやろが!

:mrgreen: そうすると、将来日本は、毎日のように何かの何年目という式典が行われるようになるかも。

😐 よく、風化、風化って言うけどさあ。表面だけ見て勝手に風化って判断してほしくないよね。心に留めておくだけじゃいけないのかい。

😮 まあ、黙して語らず、何もせず、では風化とみなされるのはしょうがないよ。心の片隅にあろうがなかろうが同じこと。

:mrgreen: 式典は「風化させてませんよ」アピールという意味合いもあるわけだ。

😡 おいおい、カタチだけみたいなこと言うなよ。

:mrgreen: そして、真摯に考えていることをアピールするため、毎年異なるスピーチをする。これ大事。ってか。

😎 ようするに、ブレればいいのか。

😐 それは違う。

😮 あのさ、その平和祈念式典のスピーチ、首相じゃなくて天皇がすればいいんじゃない。ご体調が芳しくなければ、皇太子か、あるいは別の皇族の誰かが担当すりゃいいじゃん。そしたら、毎年原稿使い回してても文句言われないで済むと思うよ。

😛 それもそうだね。非難されることがあったとしても、その矛先はスピーチライターの方にいくわな。

:mrgreen: 「おい! 陛下のスピーチの原稿書いた奴は誰じゃ!」ってな具合に。

😀 はっはっは、天皇が参加するのは無理だよ。左翼が主催してるんだから。天皇嫌いの主催者が式典に天皇を呼ぶわけがない。

🙂 そうなんだ。ネット上のどこかで「戦争責任がある天皇が式典に出ないのはけしからん」みたいなことを書き込んでいる左翼がいたけど、出ないんじゃなくて出られないというのが真相なんだね。

😛 天皇稼業も楽じゃない。誤解されることが多いから。

視聴率が上がる不思議

😮  視聴率のふるわないテレビ番組が、テコ入れをしたら視聴率が上がった。そういう話をよく目にするけど、不思議だ。だって、その番組を見ていない人には、番組が格段に面白くなったとしてもそれに気が付かないはずだから。テコ入れによって、番組を見続けてくれていた人が離れないで以後も見続けてくれるというのは分かるけど。

😎  いや、不思議ではない。番組が面白くなると、それが口コミで広まったり、雑誌で紹介されたりして、番組の存在が広く知られるようになり、視聴者の数が増えて、視聴率が上がるという流れになるから。

😐 でも、それだったら、タイムラグがあるから、すぐには視聴率は上がらんだろ。

😛 一週間に一回放送の番組だったら少しくらいのタイムラグは影響ないよ。平日は毎日放送される番組だったらそういうのがあるかもしれんけど。

😈 瞬間視聴率が素晴らしい場面の時に上がるのも不思議だ。例えばサッカー日本代表のスーパーゴールがあった瞬間、視聴率が跳ね上がったりするけど、視聴者にはゴールする時間なんか分からんだろ。

:mrgreen: 予知能力者でもない限り、誰にも分からんよ。

😎 『水戸黄門』の由美かおるの入浴シーンなら、何時何分くらいから始まるか予測できるから、瞬間視聴率が上がるのは分かるけどね。

😯 えっ、あのシーンって、時間帯が決まってるのか?

😀 そんなの知らない。決まってたとしても大雑把にだと思うよ。それはさておき、瞬間視聴率は1分単位で集計しているそうだ。だから、ザッピングしまくりでパッパパッパとチャンネルを変える人でも、ゴールシーンや入浴シーンでは1分以上チャンネルをそのままにする場合が多いから、そういうイイ場面では瞬間視聴率が上がりやすいというわけだよ。

😎 ところで、ホームページ、というか、ウェブサイトでも、テコ入れして良いページを増やしていけばアクセスが増えるというけど、1回もアクセスしない人にはそのページが良いかどうか分からないはずだよね。

😛 まあ、その話はまた後だ。って、するかどうかは分からんけど。

テレビ番組に要らないもの。

※顔文字なしで“会話”しました。

矢口真里の不倫報道のおかげで「ワイプ芸」という言葉を覚えた。

ああ、VTRの画面の隅にタレントの顔を映してるアレか。

矢口真里はワイプでのリアクションが良くてスタッフ受けがいいらしいよ。

中村昌也のワイフとしては問題ありだけど、ワイプは上手い。

中村昌也は『行列ナントカ』で、「アイツ全然料理つくらない」と言っていた。ワイプ芸もいいけど、ワイフ芸にも励んだほうがいい。

いや、もうすぐ離婚でしょう。あの不倫スキャンダルでは。

ワイプワイフの自宅の寝室で梅田賢三と夫の中村昌也が鉢合わせだもんなあ。このインパクトは桂小枝の全裸プリン不倫の次に大きいよ。

ところで、テレビのワイプって、なくてもいいんじゃないかな。見たい映像だけ見られればそれでいいよ。

ワイプに限らず、日本のテレビはタレントが出過ぎだ。ゲスト出演者なしでVTRのみでも成り立ちそうな番組もけっこうあるのに。

珍しい食べ物とか美味しい食べ物を紹介する番組があるだろ。そういう番組では必ず、「それでは、お召し上がりくださぁい」ってなふうに実際に出演者が試食するけど、べつに人が食べてるとこなんか見たくないよ。

まあ、時間かせぎが必要なんでしょ。それにタレントを映さないと事務所がうるさいだろうし。

あと、要らないものといえば、『ホールドオン』の客席の「おぉー」だな。わざとらしすぎる。『アタック25』の故児玉清氏の「うぉーっほふぉふぉふぉう」みたいに自然ならいいけど。

テレビ番組の制作者は無音状態はよくないと思い込んでいるのだよ。音声は必要最小限にとどめておいたほうがいいような気がするけどなあ。

それから、日本のテレビはテロップ多過ぎ。

たしかに。でも、テロップやワイプは映像の流用を防止する効果があるんだってさ。きれいな風景の映像でもテロップやワイプを入れておけば盗用されずに済む。

ほぅ、そんな効用には気付かなかった。じゃあ、矢口真里はワイプにますます打ってつけだな。

「作者急病のため」が少なくなってきているのでしょう。

😐  尾田栄一郎先生が急病のため、「週刊少年ジャンプ」の『ONE PIECE』が休載することがニュースになったね。

:mrgreen:  作者急病により休載するマンガは他にもたくさんあるはずなのにニュースにならないね。

😈  『ONE PIECE』は大人気作だからニュースになるんだよ。

😎  それもあるけど、他のマンガで、作者急病による休載なのにニュースにならないのは、急病が嘘だからという理由もあるで。

😯 なにい! 仮病なのか! 全国の読者に対して虚偽の発表をするなんて大問題じゃないか! ジャンプとかマガジンとかサンデーとか、・・・大手出版社が平気で嘘を付くなんて、それこそニュースだ!

:mrgreen: そんなこたあない。仮病であることくらい読者は百も承知。

😮 ちょっとちょっと、「作者急病のため休載」なんてあまり見かけないよ。現在よく使われている決まり文句は「作者取材のため休載」だよ。

😛 頻繁に急病にかかってたらあやしまれるもんな。取材だったら、回数が多いと熱心だと思われてプラスになるかも。

:mrgreen: そんなこたあない。取材してるなんて誰も信じちゃいない。

😯 なにい!取材も嘘なのか! 頭の中にあるものだけで惰性でテキトーに描いて済ましたりせずに、取材を重ねることによって、作品の質を保っているのかと思ってたのに。

😎 休みがあることによって、作品の質は保たれるのだよ。

🙂  今のマンガは絵が緻密で描くのに手間がかかるから、休載しないとやってられないよ。

😮 そういえば、昔のマンガは、絵が、なんというか、白い部分が多いな。

どれくらいの割合の潮干狩り場が、貝を事前に撒いているのだろう?

😐  なにやら、大阪湾で貝毒が大発生していて、阪南市の潮干狩り場では採った(獲った?)アサリを持って帰ることができないそうな。

:mrgreen: えっ、潮干狩りって、事前に業者がどっかから貝を持って来て、ばら撒いてるんだろ。その仕込み用の貝もやっぱり大阪湾から採ったやつなのか?

😯 なにい! そしたら、潮干狩りって、誰かが埋めた貝をまた掘り起こしてるだけっちゅうことか!

😈  まあ、そういうところも多いけど、天然のところだってあるよ。

😎  それはそうと、貝毒は大阪湾の水のプランクトンが原因だから、貝をどこから持ってこようが、大阪湾に連れて来られてしばらく経つと汚染されるわな。

🙂  ところでさあ、その阪南市の潮干狩り場は、天然なの? それとも仕込み?

😈  うーん、それは知らないなあ。

😐  その潮干狩り場が業者の仕込みだとむなしいのう。誰かが撒いたのを掘り起こして、そしてそれを持って帰れないんだから。また埋めるのかな?

:mrgreen:  キャッチ・アンド・リリースみてえだな。

😛  その貝って、ぱーっとばら撒くの? それとも埋めるの? あるいは、撒いた後に砂をかけるんかな?

😈  さあ? よく知らないなあ。埋めるのは手間が掛かりそうだから、撒いてるんじゃないかな。

:mrgreen:  そうだろうな。細長いマテガイを埋め込んでいってたら、まるで田植えやで。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

ネタバレ

😐 村上春樹の最新作、ネタバレはどこまでセーフか、っていうニュースがあったよ。

😈 ああ、あれね。長いタイトルの。なんて言うんだっけかなあ? 『ナントカを持たない、ホニャララ・・・』

:mrgreen: 『避妊具を持たない、多産期作ると、彼の純恋愛の年』だろ。

😎 惜しい。ちょっとちがう。

😡 惜しくないってば。『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』だよ。

😐 ネタバレに憤慨する人がいるけど、見なきゃいいんだよ。

😈 でも、不意にネタバレを見たり聞いたりしてしまうこともあるよ。

🙂 そういうときは仕方ないが、それでもネタバレから身を守ることなんか簡単だ。ネットで検索なんかしなければいい。検索する時はネタバレを見ないように用心すればいいのだ。

😛 ところで、本好きの人って、同じ本を何回も読むことがあるよね。映画好きの人も、「私はこの映画を○○回観ました」とか言う人がいるし。同じ小説を2回以上読む人にとってはネタバレなんかどうでもいいんじゃないかな。

😈 たしかにそうだ。結末を知っていても、おもろいものはおもろい。

😎 いや、いちばん最初に読む前は、ネタバレはいやだという人も多いかもよ。

🙂 本好きな人は同じ本を繰り返して読むことがあるんだね。本を読んでいる途中で、以前に読んだことがある本だと気付いて、時間損したと思うようじゃあ、本好きとはいえないんだろうなあ。

:mrgreen: そうだね。『日本百名山』を制覇するために、景色も見ず、ひたすら数を稼ぐためにリストにある山々を次々に急いで登りまくる人が、真の山好きではないのに似ている。

国民栄誉賞を語る。

👿 長嶋茂雄と松井秀喜に国民栄誉賞かあ。だとすると、野茂英雄とイチローにあげないのはおかしいじゃないか。

😮 知らないのか。野茂とイチローは辞退しているから貰ってないんだよ。

:mrgreen: なあんだ。取材陣に対する態度が悪いからだと思ってたよ。

😮 そんな理由なわけないって。無愛想になるのも仕方ないよ。大勢の記者がズカズカおしかけてきて、あることないこと質問されたら、そりゃ、すねるわな。

👿 長嶋が貰えるなら、張本とかノムさんとか、もっと成績のいい人にもあげるべきだ。

😎 残した数字とか金メダル獲ってるとかで判断するのなら、国民栄誉賞の候補者が多くなり過ぎて収拾つかなくなるで。野球だけでもいくつもの部門があるし、他のスポーツも加えたらどんだけ候補者が多くなるか。成績だけでなく、人気、ある程度のカリスマ性も必要。

:mrgreen: あの人に贈られるならこの人にも、と考えてたら、かるく100人以上にあげなきゃいけなくなる。厳密な基準は決められないから、まあテキトーでいいんじゃないか。悪人にだけは授与しないように注意すればそれでいいさ。

🙂 ところで、国民栄誉賞の第1号は王貞治だよ。長嶋茂雄は王より年上で、引退したのも王より先だったし、国民栄誉賞が誕生した当時は、時代をさかのぼって、あの人にもあげようというような慣習はなかった。だからミスター(長嶋)は貰ってなかったのだよ。

:mrgreen: 死んでから、そういえばあの人はすごかった、じゃあ授与しよう、ってな感じではなかったのかな、最初の頃は。

😮  2人目の古賀政男からしてもう、死後贈られてるよ。生前に贈るべきだよなあ。

😎 いや。すごすぎる人なのに貰ってないのは辞退したからということも考えられるぞ。

😀 ところでさ、賞、特に国からの賞を辞退するのはかっこいい、という風潮がなくなってきている気がする。

😎 素直に受け取ればいいのさ。かの山本夏彦も何かの文学賞を受賞した時、読者から「なぜ辞退しなかったのか。見損なった」という手紙が来てびっくりしたとコラムに書いていた。賞を素直に受け取るキャラじゃないと思われてたんだね。夏彦氏はそのコラムで「賞はありがたく受け取るものである」と書いてた気がする。

山本夏彦

コンピュータの将棋も強くなったもんだ。

🙂 プロ棋士の佐藤慎一がボナンザに負けた。

😮 ナンザじゃないよ、ナンザだよ。まあ、ナンザという有名な将棋ソフトもあるけど。

😎 オセロもチェスもコンピュータの方が人間より強くなったし、いずれ将棋も人間を超える。最後の砦の囲碁だって「二人零和有限確定完全情報ゲーム」だから、そのうちコンピュータの方が強くなるだろうね。その時期が早いか遅いかだけのことさ。

:mrgreen: 「二人なんとか」って、これまた随分難しい単語持ち出してきたなあ。それはそうと、佐藤棋士の敗戦は特に驚かなかったなあ。清水市代や米長邦雄もコンピュータに負けてたし。

😮 米長に勝ったのはボンクラだったっけ。

😈 ボンクラーズだってば。

:mrgreen: 略してボンクラってのはどうだ。もし将来「将棋大将」というソフトができて、それをボンクラーズと合体させてプログラムのいいとこ取りをしてソフトを作ったら、名前は「ボンクラ大将」で決まりだな。

😛 プロ棋士が負けるなんて、ン十年前のことを考えると隔世の感があるなあ。昔のパソコンの某将棋ソフトのことだけど、画面に「まだまだにんげんにはかなわないですが、コンピューターはミスをしないので、うかうかしているとやられるかもしれませんよ」と表示しておきながら、無意味な時に香車を一歩前に動かしたりしてたもんな。

:mrgreen: コンピュータの弱点といえば、序盤・中盤あたりでは何をしていいか分からないことだったもんな。

😎 ああそれは、あまり強くない人間だってそうだよ。

🙁 将棋に強くなりたいなあ。どうしたら強くなれるだろう。

😀 まあ、頭脳も大事だが、個々の駒をレベルアップさせたらいいんじゃないか。銀に横の動きをマスターさせるとか。

:mrgreen: あと、金将に王将の影武者をつとめさせるとか。

👿 もはや将棋じゃなくなってるがな。

テレビを叩いて直す。

😀 人がケイタイを地面に落っことしてるのをたまに見るけど、完全に中身が壊れてしまうことはあまりないようだ。

😮 パソコンだと1メートルの高さから落としたら、しゅーりょーだよなあ。

🙂 ところで、昔のブラウン管のテレビ、映りが悪くなったときに叩いたら直ることがあったね。

:mrgreen: 直らないこともあったよ。そういえば、漫画の主人公のお母さんなんか、テレビが映らなくなったら必ず叩いてたなあ。

😛 叩いて直すことを考え付くなんてすごいなあ。

😎 すごくなんかないよ。叩くことくらいしか思い付かないだけさ。

:mrgreen: そう。内部の精密機械なんか普通の人が見てもチンプンカンプン。それでも映るようにしたい場合どうするか。普通の人だってバカじゃない。テレビを撫でても、テレビに息を吹きかけても、セロテープを貼っても、花瓶をのせても無意味なことくらいは分かる。思い付くことといえば叩くか揺らすかくらいだ。

😎 たしかに、映りに何の影響もない行為と、物理的に壊れてしまいそうな行為以外に何ができるかとなると、叩くだよなあ。

😉 映らないテレビと悪い子供は叩いたら直ることがある。お後がよろしいようで。

🙁 おいおい、問題発言だよ。しかも「お後がよろしいようで」は誤用だし。