タバコについて。昔はこれが当たり前だったのです。

映画『風立ちぬ』の喫煙シーンについてどこかの禁煙団体がイチャモンをつけた出来事はまだ記憶に新しいですが、昨日地上波でやってた、同じく宮崎映画の『紅の豚』にも当然のように喫煙シーンが出てきます。

現在からひと世代ふた世代も前の時代は(男は)タバコを吸うのは当たり前だったという事実は世間によく知られているようです。『風立ちぬ』の喫煙シーンが話題になって、さらにそのことは知られるようになったでしょう。

けれども、タバコに関する昔の常識で、現在では知られていないことがあります。それは何かといいますと、昔はタバコのポイ捨ては当たり前だったことです。

『紅の豚』には、主人公がタバコのポイ捨てをするシーンがあります。ネット上にはそれに対して否定的な意見がいくつかころがっていますが、今の常識であの時代の行為を批判してはいけませんよ。まあ、若い人なら、タバコのポイ捨てがそんなに悪いことではなかった時代があったなんて想像できないかもしれませんがね。

宮崎駿くらいの年齢だと、タバコのポイ捨てなんか普通だった時代の感覚を肌で覚えているでしょうね。

ところで、日本以外では、今現在でもタバコのポイ捨てが当たり前の国がけっこうあるみたいですよ。

タバコについて。昔はこれが当たり前だったのです。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。