そもそも、挨拶は要らない

Q.

【4523】社内報に掲載された「レインズを買収して5年。未だに挨拶すら出来ない馬鹿が多すぎる」「個人的に張り倒した輩が何人もいる」「生殺与奪の権は、私が握っている」「どう生きて行くアホ共よ」などと書かれた、代表取締役会長・蔵人金男(くろうど・かねお)による文章がSNS上で拡散され炎上した、レインズインターナショナル、カッパ・クリエイト、アトムなどを傘下に持ち、外食産業を中心に展開する持株会社は何?

朝の挨拶なんか本当はしたくないと思っている人は案外多いと思う。

嫌いな上司・同僚に対してなら尚更だ。

挨拶が気持ちいい? だとしても、一瞬だろ。
その日一日が~って、夕方まで挨拶云々を引きずるか?

私が以前勤めていた職場には、出勤時に挨拶しても空気のように無視する人がいた(1回や2回ではない)。
そりゃあ、こっちはペーペーだし、むこうはそこそこエラいんだけど、それにしても、存在がないかのごとく無視するってのは人間としてどうかと思う。

でも、よくよく考えてみると、挨拶する必要性のない職場は多い。

上記の、空気のように私の挨拶を無視する人が数名いた職場は、不特定多数の大勢の人が行き交う広々としたところだった。そして出勤時間帯もバラバラ。
勤務中は歩き回るので多くの人とすれ違うのだが、いちいち声を掛けたりはしない。
だったら、出勤時だって、用もないのに挨拶と称する声掛けをする必要なんてまったくないではないか。

上記のクイズ【4523】の「社内報」にある、炎上した蔵人金男の文章には、「蚊の無く様な声で○△×…挨拶」という記述がある。
挨拶で、声が小さかったり、「ウィース」みたいにいい加減になったりするのは、面倒くささの表れである。挨拶は仕方なくする無意味な行為なのだから、ちゃんと発音しなくなる人も当然出てくる。
相手が蔵人金男という、言葉を交わしたくない人物なら尚更だ。

A.

【4523】コロワイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。