★電王戦FINAL 結果

Q.

【967】元奨励会棋士という異色の経歴を持つ巨瀬亮一(こせりょういち)が開発した、第2回将棋電王トーナメントではponanzaらを抑えて優勝しているコンピュータ将棋ソフトで、今年行われた「電王戦FINAL」で最終局の第5局に登場し、阿久津主税(あくつちから)八段に敗れたのは何?
※コンピュータ側の巨瀬亮一がわずか21手で投了を宣言しました。

コンピュータ将棋対プロ棋士の団体戦は、なんとも締まらない結末に終わりました。

阿久津がコンピュータの弱点をつく「ハメ手」を使って角行を捕獲した直後に、巨瀬が投了を宣言したとのことです。
巨瀬からすれば、プロがハメ手を使うなんてヒドいよ、ということなのでしょう。

決着がつくまでやる、つまり、どちらかが詰むまで(いや、王将がとられるまで)、あるいは、反則負けするまでやることにしておけば、騒動にはならなかったのに。
まあでも、レベルの高い将棋では、詰みの状態になるまで続けることは普通はないからね。

これでもう、5対5の団体戦は終了なんですよね。プロの勝ち逃げですな。といっても、昨年と一昨年は負け越してますけど。
今回もプロの完全勝利とはいえませんな。3勝2敗でしょ。対局数が奇数なんだから、互角でも必ずどちらかが勝ちますやん。引き分けがあるなら別だけど。
しかも、プロ側の3勝中、2勝は正攻法での勝利ではないし。

≪電王戦FINAL(2015年) ※「◎」が勝った方です。≫
第1局 先手:斎藤慎太郎五段◎ 後手:Apery(エイプリー)
第2局 後手:永瀬拓矢六段◎ 先手:Selene(セレネ)
第3局 先手:稲葉陽(あきら)七段 後手:やねうら王◎
第4局 後手:村山慈明(やすあき)七段 先手:ponanza(ポナンザ)◎
第5局 先手:阿久津主税八段◎ 後手:AWAKE(アウェイク)

A.

【967】AWAKE(アウェイク)


ドキュメントコンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)[本/雑誌] / 松本博文/〔著〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。