第69回カンヌ国際映画祭 | 5問

Q.

【2942】2006年にも『麦の穂をゆらす風』でパルム・ドールを受賞している、労働者階級に焦点を当てた作品を製作し続けているイギリスの映画監督・脚本家で、今年のカンヌ国際映画祭に出品された、妻を失った中年男性と英国の福祉制度を描いた作品『I, Daniel Blake』(※原題)で、自身2度目のパルム・ドール受賞を果たしたのは誰?
※2003年、高松宮殿下記念世界文化賞の演劇・映像部門を受賞。

【2943】フランソワ・トリュフォー監督の最初の長編映画『大人は判ってくれない』で主人公の少年アントワーヌ・ドワネルを演じた俳優で、今年のカンヌ国際映画祭で名誉パルム・ドールを受賞したのは誰?

【2944】監督はオランダ出身のアニメーション作家、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(※『お坊さんと魚』『岸辺のふたり』などの作品で知られる)。スタジオジブリ初の海外との共同製作による作品である、嵐の海に放り出され、ウミガメやカニ、鳥たちが暮らす無人島に流れ着いた男の姿を描いたアニメーション映画で、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で特別賞を受賞したのは何?

【2945】『ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より』『東京人間喜劇』『自転車と音楽』『歓待』『ほとりの朔子(さくこ)』『さようなら』などの作品で知られる映画監督・脚本家で、浅野忠信主演の『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で審査員賞を受賞したのは誰?

【2946】1943年3月25日に公開された日本初の国産長編アニメ『桃太郎の海鷲』(37分)の姉妹編である、1945年4月12日に公開された長編アニメ(74分)で、今年のカンヌ国際映画祭のクラシック部門(カンヌ・クラシックス)でデジタル修復版が上映されたのは何?

A.

【2942】ケン・ローチ

【2943】ジャン=ピエール・レオ

【2944】『レッドタートル ある島の物語』

【2945】深田晃司(こうじ)

【2946】『桃太郎 海の神兵(しんぺい)』
※『桃太郎の海鷲』『桃太郎 海の神兵』の監督は瀬尾光世(せお・みつよ)。


桃太郎 海の神兵 / くもとちゅうりっぷ デジタル修復版 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。