日ペンの美子ちゃん 歴代作者

Q.

【4222】『テラフォーマーズ』(作:貴家悠(さすが・ゆう)/画:橘賢一)のスピンオフ作品『今日のテラフォーマーズはお休みです。』や、『魔法の料理 かおすキッチン』などの代表作がある、1970年代の少女漫画風のタッチを得意とする漫画家で、日本ペン習字研究会(日ペン)と、同会が実施しているがくぶん総合教育センター[学文社]のボールペン習字通信講座のイメージキャラクター「日ペンの美子ちゃん」のパロディ・キャラクターで日本語ラップについて解説する漫画「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」を同人誌などで発表しており、それがきっかけで、約10年ぶりのリニューアルとなる6代目の「日ペンの美子ちゃん」を手掛けることとなったのは誰?

3×3の9コマ漫画(※複数コマが連結になる場合もある)でおなじみのキャラクター「日ペンの美子ちゃん」は、1972年、雑誌『明星』の広告で初登場しました。

歴代の「日ペンの美子ちゃん」の作者は以下の通りです。

※「案」(原案の作者)は、複数の人が担当していたり、作画者が兼任していたりと、ややこしいので、一部空白にしておきました。このたび、新しく手掛けることとなった服部昇大は多分、作・案の両方を担当しています。

期間 作画
初代 1972年-1984年 矢吹れい子(中山星香) 飯塚よし照
2代目 1984年 森里真美(聖原玲音) 飯塚よし照
3代目 1984年-1987年 まつもとみな(佐藤元)
4代目 1988年-1999年 ひろかずみ
5代目 2006年-2016年 梅村ひろみ ※「たなかまさみ」など
6代目 2017年- 服部昇大

A.

【4222】服部昇大(しょうた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。