井山裕太が独占した七大タイトル

Q.

【2714】昨年はNHK杯テレビ囲碁トーナメントで史上最年少優勝(20歳11カ月)を果たし、同年、史上最年少で十段位を獲得した(※入段からタイトル獲得までの年数最短記録も更新(6年0カ月))、馬場滋九段門下の囲碁棋士で、今年4月、十段戦で井山裕太六冠に1勝3敗でタイトルを奪われたのは誰?
※井山裕太は囲碁界史上初の七冠(7大タイトル全制覇)。

▼囲碁の七大タイトル

右は現在の優勝賞金です。

「主催」は、「日本棋院、関西棋院」を省略しています。

棋聖戦 主催:読売新聞社 4500万円
名人戦 主催:朝日新聞社 3300万円
本因坊戦 主催:毎日新聞社
協賛:大和証券グループ
3000万円
王座戦 日本経済新聞社 1400万円
天元戦 主催:新聞三社連合 1300万円
碁聖戦 主催:新聞囲碁連盟 800万円
十段戦 主催:産経新聞社
特別協賛:森ビル
700万円

棋聖戦、名人戦、本因坊戦は七番勝負、他は五番勝負。

A.

【2714】伊田篤史(あつし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。