男子ゴルフ 4大メジャー大会 2015年の優勝者

Q.

【1522】2011年にはマスターズ(優勝:シャール・シュワーツェル[南アフリカ共和国])と全米オープン(優勝:ローリー・マキロイ[英])で2位となっているオーストラリアの男子プロゴルファーで、今年の全米プロゴルフ選手権で、4大メジャーにおける最少記録となる通算20アンダーで優勝したのは誰?

▼2015年男子ゴルフ メジャー選手権優勝者

マスターズ・・・ジョーダン・スピース[米]

全米オープン・・・ジョーダン・スピース[米]

全英オープン・・・ザック・ジョンソン[米]

全米プロ・・・【1522】の答え

【1523】今年の全米プロゴルフ選手権に出場し、2日目に1イーグル、8バーディー、1ボギーでメジャー選手権史上最少タイ記録となる63をマークした日本人選手は誰?
※最終結果はトータル7アンダーで21位タイ。他の日本勢は、松山英樹がトータル3アンダーの37位タイ、小田孔明がトータル6オーバーの72位タイでした。

A.

【1522】ジェイソン・デイ

【1523】岩田寛(ひろし)

4大メジャーにおいて18ホール最少ストローク「63」をマークした25人目の選手となりました。
他の日本人選手では1980年の全英オープン(3日目)で青木功が「63」を記録しています。
グレグ・ノーマン[オーストラリア]とビジェイ・シン[フィジー]はそれぞれ「63」を2回記録しています。

▼4大メジャー 通算スコアの最少記録

【マスターズ】 18アンダー
1997年 タイガー・ウッズ[米]
2015年 ジョーダン・スピース[米]

【全米オープン】 16アンダー
2011年 ローリー・マキロイ[英(北アイルランド)]

【全英オープン】 19アンダー
2000年 タイガー・ウッズ[米]

【全米プロ】 20アンダー
2015年 ジェイソン・デイ[オーストラリア]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。