平成30年 春の叙勲 | 7問

政府が2018年4月29日付で発表した春の叙勲受章者についてのクイズです。

Q.

【6144】《5択問題》
次のうち、東京海上日動火災保険の初代社長(2004年10月就任)は誰?

石渡恒夫 石原邦夫 和田紀夫 近衞忠煇 鎌田迪貞

答:石原邦夫

【6145】自身が原作を担当した漫画『こちら大阪社会部』(作画:大島やすいち)の主人公・谷一平のモデルである、テレビのコメンテーターとしても活動しているジャーナリストで、元最高裁判所判事・大谷剛彦(平成30年4月、旭日大綬章受章)を弟に持つのは誰?
答:大谷昭宏

旭日大綬章はほかに、川端達夫、高村正彦、武部勤らが受章。

【6146】宇崎竜童を夫に持つ作詞家で、今年、旭日小授章を受章したのは誰?
答:阿木燿子(あき・ようこ)

旭日小綬章はほかに、加藤一二三、北野武らが受章。

【6147】1971年、金沢美術工芸大学産業美術学科卒業後、松下電工に入社し、電化製品のデザインに携わってきたが、1974年に退社し、高橋介州に師事して加賀象眼を学び、彫金家へと転身し、2004年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された工芸家で、代表作に「重ね象嵌朧銀花器(かさねぞうがんおぼろぎんかき)「草原の森」」などがあり、今年、 瑞宝中綬章を受章したのは誰?
答:中川衛(まもる)

【6148】1997年、アメリカで第二期クリントン政権が発足すると、女性として同国史上初の国務長官に就任した人物で、今年、我が国の外国人叙勲で旭日大綬章を受章したのは誰?
答:マデレーン・オルブライト

【6149】1995年と、2004年から2009年までの二度、千葉ロッテマリーンズの監督を務めたアメリカ人で、今年、外国人叙勲で旭日小綬章を受章したのは誰?
答:ボビー・バレンタイン

【6150】初代「日本ユニセフ協会大使」であり、2016年にユニセフの東アジア太平洋地域親善大使に任命された、香港の歌手、エッセイストで、今年、外国人叙勲で、旭日小綬章を受章したのは誰?
答:アグネス・チャン

外国人叙勲はほかに、カズオ・イシグロ(旭日重光章)や、NHK交響楽団桂冠名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテット(旭日中綬章)らが受章。

A.

【6144】石原邦夫
※石渡恒夫は京浜急行電鉄、和田紀夫はNTT、近衞忠煇は日本赤十字社、鎌田迪貞は九州電力の社長を務めた。

【6145】大谷昭宏(おおたに・あきひろ)

【6146】阿木燿子(あき・ようこ)

【6147】中川衛(まもる)

【6148】マデレーン・オルブライト

【6149】ボビー・バレンタイン

【6150】アグネス・チャン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。