2017年本屋大賞

Q.

【4617】今年の本屋大賞(第14回)の大賞受賞作は、史上初の直木賞とのダブル受賞となった恩田陸『蜜蜂と遠雷』でした。恩田は2005年にも本屋大賞(第2回)を受賞しており、史上初めて同賞を2度受賞した小説家ともなりました。さて、恩田の2005年の本屋大賞受賞作は、自身の母校である茨城県立水戸第一高等学校の「歩く会」をモデルにした何という作品でしょう?

答:『夜のピクニック』

【4618】『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞した小説家で、「2017年本屋大賞」で2位だった『みかづき』の作者であるのは誰?
答:森絵都(えと)

【4619】関西学院大学社会学部卒業後、神戸新聞社に入社し、第5回小説現代長編新人賞受賞作となった『盤上のアルファ』(※プロの将棋棋士を目指す男を描いた作品)で2011年に作家デビューした兵庫県尼崎市生まれの小説家で、2016年、グリコ・森永事件を題材にした『罪の声』で山田風太郎賞を受賞したのは誰?
※『罪の声』は「2017年本屋大賞」で3位、2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で1位。
答:塩田武士(しおた・たけし)

【4620】2004年に浜田省吾、夫の水谷公生(みずたに・きみお)と共に音楽ユニット、Fairlife(フェアライフ)を結成し、「春嵐」(しゅんらん)のペンネームで作詞を担当している小説家で、代表作に、柴咲コウ主演で映画化された『食堂かたつむり』、仲里依紗主演でテレビドラマ化された『つるかめ助産院』、「2017年本屋大賞」で4位だった『ツバキ文具店』があるのは誰?
※『ツバキ文具店』はNHK総合テレビの「ドラマ10(テン)」枠にて『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』のタイトルで4月14日より放送予定。主演は多部未華子。
答:小川糸

「2017年本屋大賞」の5位~10位は次の通りです。

5位 『桜風堂ものがたり』 村山早紀

6位 『暗幕のゲルニカ』 原田マハ

7位 『i』 西加奈子

8位 『夜行』 森見登美彦

9位 『コンビニ人間』 村田沙耶香

10位 『コーヒーが冷めないうちに』 川口俊和


蜜蜂と遠雷

A.

【4617】『夜のピクニック』

【4618】森絵都(えと)

【4619】塩田武士(しおた・たけし)

【4620】小川糸(おがわ・いと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。