2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦 女子シングル FS

今年4月に東京の国立代々木競技場で行われた第5回の世界フィギュアスケート国別対抗戦で、日本は3大会ぶり2度目の優勝を果たしました。

では、同大会の女子シングルからクイズを3問出します。

Q.

【4688】SP(ショートプログラム)で80.85、FS(フリースケーティング)で160.46をマークし、総合(トータルスコア)241.31で、SP、FS、総合の全てで自身の持つ世界記録を塗り替えた、現在、女子の世界ランキングで1位であるロシアのフィギュアスケート選手は誰?
※世界ランキング2位は宮原知子(さとこ)[関西大学・木下グループ]。

【4689】2016-17シーズンは、ISUチャレンジャーシリーズのネーベルホルン杯や、四大陸選手権で優勝している、神戸ポートアイランドFSC所属の女子シングルの選手で、同シーズンの世界国別対抗戦ではFSで歴代日本選手最高の146.17をマークし、〔【4688】の答え〕に次ぐ2位だったのは誰?

【4690】FSで歴代日本選手2位の145.30をマークし、〔【4688】の答え〕、〔【4689】の答え〕に次ぐ3位に入った、日本橋女学館高等学校に在学中の選手で、昨年9月にロンバルディアトロフィー[イタリア]で優勝したのは誰?

A.

【4688】エフゲニア・メドベージェワ

【4689】三原舞依(みはら・まい)

【4690】樋口新葉(ひぐち・わかば)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。