2014年のJリーグ参加クラブ

2014年のJリーグが開幕しました。

今シーズンから初めてJ3リーグ(2014 明治安田生命 J3リーグ)も開催されることになり、3月9日(日曜日)に開幕戦が行われます。
Jリーグは3部制になったというわけです。
J3に参加する全12チームの中には「Jリーグ・アンダー22選抜」というチームも入っています。

J1は18チーム、J2は22チームです。

各リーグの参加クラブ一覧は次の通り。

≪2014年 J1≫
チーム 監督 ホームスタジアム
ベガルタ仙台 グラハム・アーノルド ユアテックスタジアム仙台
鹿島アントラーズ トニーニョ・セレーゾ 県立カシマサッカースタジアム
浦和レッズ ミハイロ・ペトロヴィッチ 埼玉スタジアム2002
大宮アルディージャ 大熊清 NACK5スタジアム大宮
柏レイソル ネルシーニョ 日立柏サッカー場
FC東京 マッシモ・フィッカデンティ 味の素スタジアム
川崎フロンターレ 風間八宏 等々力陸上競技場
横浜F・マリノス 樋口靖洋 日産スタジアム
ニッパツ三ツ沢球技場
ヴァンフォーレ甲府 城福浩 山梨中銀スタジアム
アルビレックス新潟 柳下正明 デンカビッグスワンスタジアム
清水エスパルス アフシン・ゴトビ IAIスタジアム日本平
名古屋グランパス 西野朗 名古屋市瑞穂陸上競技場
豊田スタジアム
ガンバ大阪 長谷川健太 万博記念競技場
セレッソ大阪 ランコ・ポポヴィッチ キンチョウスタジアム
ヤンマースタジアム長居
ヴィッセル神戸 安達亮 ノエビアスタジアム神戸
サンフレッチェ広島 森保一 エディオンスタジアム広島
徳島ヴォルティス 小林伸二 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
サガン鳥栖 尹晶煥 ベストアメニティスタジアム
≪2014年 J2≫
チーム 監督 ホームスタジアム
コンサドーレ札幌 財前恵一 札幌ドーム
札幌厚別公園競技場
モンテディオ山形 石崎信弘 NDソフトスタジアム山形
水戸ホーリーホック 柱谷哲二 ケーズデンキスタジアム水戸
栃木SC 阪倉裕二 栃木県グリーンスタジアム
ザスパクサツ群馬 秋葉忠宏 正田醤油スタジアム群馬
ジェフユナイテッド千葉 鈴木淳 フクダ電子アリーナ
東京ヴェルディ 三浦泰年 味の素スタジアム
横浜FC 山口素弘 ニッパツ三ツ沢球技場
湘南ベルマーレ 曺貴裁 Shonan BMW スタジアム平塚
松本山雅FC 反町康治 松本平広域公園総合球技場
カターレ富山 安間貴義 富山県総合運動公園陸上競技場
ジュビロ磐田 ペリクレス・シャムスカ ヤマハスタジアム(磐田)
FC岐阜 ラモス瑠偉 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
京都サンガF.C. ヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラ 京都市西京極総合運動公園陸上競技
場兼球技場
ファジアーノ岡山 影山雅永 kankoスタジアム
カマタマーレ讃岐 北野誠 香川県立丸亀競技場
愛媛FC 石丸清隆 ニンジニアスタジアム
アビスパ福岡 マリヤン・プシュニク レベルファイブスタジアム
ギラヴァンツ北九州 柱谷幸一 北九州市立本城陸上競技場
V・ファーレン長崎 高木琢也 長崎県立総合運動公園陸上競技場
ロアッソ熊本 小野剛 うまかな・よかなスタジアム
大分トリニータ 田坂和昭 大分銀行ドーム
≪2014年 J3≫
チーム 監督 ホームスタジアム
グルージャ盛岡 鳴尾直軌 盛岡南公園球技場
ブラウブリッツ秋田 与那城ジョージ 秋田市八橋運動公園球技場
福島ユナイテッドFC 栗原圭介 とうほう・みんなのスタジアム
FC町田ゼルビア 相馬直樹 町田市立陸上競技場
Y.S.C.C.横浜 有馬賢二 ニッパツ三ツ沢球技場
SC相模原 木村哲昌 相模原ギオンスタジアム
AC長野パルセイロ 美濃部直彦 佐久総合運動公園陸上競技場
ツエーゲン金沢 森下仁之 石川県西部緑地公園陸上競技場
藤枝MYFC 水島武蔵 藤枝総合運動公園サッカー場
ガイナーレ鳥取 松波正信 とりぎんバードスタジアム
FC琉球 薩川了洋 沖縄市陸上競技場
Jリーグ・アンダー22選抜 高畠勉

2014年のJリーグ参加クラブ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。