Q.

【720】2014年のボクシングの年間表彰選手が決まりました。最優秀選手賞(MVP)に選出されたのは大橋ボクシングジム所属の井上尚弥ですが、女子最優秀選手賞に選出された青木ボクシングジム所属のボクサーで、現在、男女通じて日本人最多である世界王座14度防衛の記録を持っているのは誰?

受賞者は以下の通り。
【最優秀選手賞】井上尚弥(21)=大橋=
【技能賞】山中慎介(32)=帝拳=
【殊勲賞】高山勝成(31)=仲里=
【敢闘賞】内山高志(35)=ワタナベ=、八重樫東(31)=大橋=、天笠尚(29)=山上=
【努力賞】田口良一(28)=ワタナベ=、村田諒太(28)=帝拳=
【KO賞】井上尚弥(21)=大橋=
【新鋭賞】田中恒成(19)=畑中=
【年間最高試合】WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(14年12月30日・東京体育館、オマール・ナルバエス―井上尚弥)
【女子最優秀選手賞】小関桃(32)=青木=
【女子年間最高試合】WBA女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ(14年7月7日、藤岡奈穂子―川西友子)
【特別賞】名城信男氏(元WBA世界スーパーフライ級王者)、李冽理氏(元WBA世界スーパーバンタム級王者)、故・大場政夫氏(元WBA世界フライ級王者)、具志堅用高氏(元WBA世界ライトフライ級王者)

引用元 → 【BOX】井上尚弥が初MVP!年間表彰決まる

A.

【720】小関桃(こせきもも)
※現WBC女子世界アトム級王者である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。