★日本サッカー殿堂入りした3名(2014年第11回)

以下のクイズの答えはすべて、今年、日本サッカー殿堂に選出された人物です。

Q.

【318】2002年の日韓共催W杯においては、招致委員会の副会長として大会招致に尽力している、三菱商事の社長、会長、特別顧問を歴任した人物で、『大漢和辞典』の編著者・諸橋轍次を父に持つのは誰?
※諸橋轍次の三男。

【319】東洋工業蹴球部に所属し、1962年には第2回日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞している、日本代表でもディフェンダーとして活躍した元サッカー選手で、サンフレッチェ広島誕生にも貢献したのは誰?
※第1回日本年間最優秀選手賞受賞者は長沼健(ながぬまけん)。

【320】現役時代は日立製作所本社サッカー部に所属し、1965年には創設されたばかりの日本サッカーリーグ(JSL)の初代得点王(15得点)に輝いた、元日本代表サッカー選手で、1972年には日立のリーグ優勝に貢献し日本年間最優秀選手賞にも選ばれたのは誰?

A.

【318】諸橋晋六

【319】小沢通宏

【320】野村六彦
※Jリーグでマッチコミッサリー(マッチコミッショナー)や規律委員長を歴任した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。