★『蒲田行進曲』(1982年)

▼映画『蒲田行進曲』からのクイズ

【906】原作となった劇作品の作者はつかこうへいですが、監督は誰?
※つかこうへい自身が小説化した作品は第86回直木賞受賞作。

【907】小夏を演じたのは松坂慶子、銀四郎(銀ちゃん)を演じたのは風間杜夫、では、ヤスを演じた俳優は誰?

【908】《3択》この映画の配給会社は次のどれ?

東映 東宝 松竹

細かい内容はよく覚えていないが、覚えていることといえば、特に冒頭あたり、役者の声がやたら大きかったことだ。舞台やってる人たちだからあんなに声が大きくなるのかな?
そんなことより、「階段落ち」の撮影が命がけだというのには驚いた。映画って、危険に見えるシーンでも俳優やスタントマンの安全には万全を期しているもんだと思っていたよ。
それから、ラスト(最後の最後)。あれは、まあ、ちょっとした演出でしょう。目くじらを立てて批判するほどのものではない。

《答え》

【906】深作欣二

【907】平田満(みつる)
※汐路章(しおじあきら)(本名:滝川清光)という俳優が、ヤス(村岡安次)のモデル。

【908】松竹
※撮影は東映の京都撮影所で行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。