国際金融経済分析会合に招かれた経済学者

3月から首相官邸で順次開かれてきた、安倍晋三首相や閣僚らが世界経済について有識者と意見交換する「国際金融経済分析会合」。
5月19日に7回目となる最終回が開かれました。

ではクイズです。

国際金融経済分析会合に招かれた有識者が答えです。

Q.

【2877】著書に『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『世界の99%を貧困にする経済』『世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠』などがある、コロンビア大学教授を務めるアメリカの経済学者で、2001年に「情報の非対称性を伴った市場の分析」という受賞理由によりジョージ・アカロフ、マイケル・スペンスと共にノーベル経済学賞を受賞したのは誰?

【2878】1998年にはジョン・フォン・ノイマン賞を受賞している、著書に『国際金融危機の経済学』などがあり、トゥールーズ第1大学教授を務めるフランスの経済学者で、2014年に「市場の力と規制の分析に関する功績」によりノーベル経済学賞を受賞したのは誰?

【2879】エルネスト・セディージョ大統領の下で1994年から1997年まで外務大臣、1998年から2000年まで財務大臣を務めたメキシコの経済学者で、2006年から経済協力開発機構(OECD)の事務総長を務めているのは誰?

【2880】共にカリフォルニア大学バークレー校の教授でニューケインジアンの経済学者である、デビッドとクリスティーナのアメリカ人夫妻といえば、そのファミリーネームは何?

※同会合の開催日、出席した講師は以下の通り。

第1回 3月16日
ジョセフ・スティグリッツ・・・コロンビア大学教授

第2回 3月17日
デール・ジョルゲンソン・・・ハーバード大学教授
岩田一政・・・日本経済研究センター理事長

第3回 3月22日
ポール・クルーグマン・・・ニューヨーク市立大学教授

第4回 4月7日
ジャン・ティロール・・・仏トゥールーズ第1大学教授

第5回 4月13日
アンヘル・グリア・・・経済協力開発機構(OECD)事務総長
シャンジン・ウェイ・・・アジア開発銀行(ADB)チーフ・エコノミスト

第6回 4月21日
ファティ・ビロル・・・国際エネルギー機関(IEA)事務局長
ポール・スティーブンス・・・英国王立国際問題研究所名誉フェロー
ウィム・トーマス・・・ロイヤル・ダッチ・シェル チーフ・エナジー・アドバイザー

第7回 5月19日
クリスティーナ・ローマー・・・カリフォルニア大学バークレー校教授
デビッド・ローマー・・・カリフォルニア大学バークレー校教授

A.

【2877】ジョセフ・E・スティグリッツ

【2878】ジャン・ティロール

【2879】アンヘル・グリア

【2880】ローマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。