大麻について知ったこと。

最近ウルグアイでマリファナ(大麻)が合法化されたというニュースがあった。(「マリフアナ」と、「ア」を小さくしていない表記もちょくちょく見かける)
国としての合法化は世界初だそうです。へえ、オランダは合法化してなかったのか。

ところで、大麻よりタバコの方が体に悪いというのを何かで読んだことがあるけど、実際のところどうなんだろう?

お酒(といってもいろいろあるけど)と大麻ではどっちの方が体に悪いんだろう?

もし、大麻より酒やタバコの方が体に悪いのなら、大麻は合法化してもいいような気がする。

大麻は脳や呼吸器などに悪影響を及ぼすというデータもある。
悪影響の度合いはどれくらいなんだろう?
過度の吸引でなくても頭や体に深刻なダメージが残るのかな?

たとえ体に悪かろうとも、資源として有用なのは確からしい。たぶん。

繊維になるのは想像しやすいけど、他にも、紙の原料になる、油が採れる、食用になる(麻の実は栄養が豊富らしい)など、人類にとって役立つ要素がたくさんある。

資源としていいことずくめなのに、禁止されたりしているのは、石油利権の保有者がそれを望んでいないからだという。困ったもんだ。

人類全体のことを考えたら、大麻の利用を広めた方が絶対にいい。

ところで、大麻の「麻」は「アサ」だけど、麻薬の「麻」は、もともとは「痲」で、戦後定められた当用漢字に「痲」がなかったため、代わりに似ている漢字の「麻」を当てはめたということらしい。
「痲」は「しびれる」という意味です。「麻(アサ)」と全然違うがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。