2016年| 米国人が最もいらだちを感じる表現 1~5位

Q.

【4076】1995年に公開されたエイミー・ヘッカーリング監督・脚本、アリシア・シルヴァーストーン主演の青春コメディ映画『クルーレス』で多用されたのがきっかけで広まった、「どうでもいい」といった意味がある英単語で、今年12月21日にアメリカのマリスト大学が発表した、毎年恒例の「アメリカ人が会話の中で最もいらだちを感じる表現」の調査で、1005人の回答者の38%が、いらだつ表現に挙げ、8年連続で同調査のトップになったのは何?

ちなみに、今年の「いらだつ表現」の2~5位は以下の通り。

2位 20% no offense, but (悪気はないけど)

3位 14% Ya know, right (だよね?)

3位 14% I can’t even (すごすぎ)

5位 8% huge (どでかい)

▼参照ページ
http://jp.reuters.com/article/whatever-idJPKBN14B0OU

A.

【4076】whatever

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。