憲法9条がノーベル平和賞候補!?

オスロ国際平和研究所(PRIO)というところが、2014年のノーベル平和賞の受賞予測を発表しました。(毎年発表しているそうです)

当初の受賞予測リストは、

  1. ローマ教皇:フランシスコ
  2. エドワード・スノーデン
  3. ロシアの新聞『ノーバヤ・ガゼータ』
  4. コンゴ民主共和国の医師:ドニ・ムクウェゲ
  5. マララ・ユスフザイ

だったのですが、ウェブサイト上の予測リストが更新され、フランシスコがなんと「憲法9条を保持する日本国民」に差し替わりました。

しかも、憲法9条は予測トップです。

9条が平和賞とはねえ。

9条があるから平和なんじゃなくて、平和だから9条を抱えていられるんじゃないの。

どうせなら、日本国憲法を植え付けたGHQに平和賞を与えるべきでしょう。いや、それは無理があるな。ノーベル賞は原則として死んだら貰えない賞だから、今頃になってGHQに、はいどうぞ、とはいかんもんね。

それにしても、「憲法9条を保持する日本国民」ってなってるけど、9条守ってないじゃん。
自衛隊なんか明らかに軍隊だし。

自衛隊をなくすのは現状では無理っぽいとなると、9条の条文を変えなきゃダメです。そうしないと嘘つき国家のまま、ずーっといくことになります。

日本が戦後70年間も戦争に巻き込まれなかった最大の理由は、近隣の野蛮な国家が在日米軍にビビっているからです。

守られていない9条にノーベル平和賞を与えるくらいなら、在日米軍に与えるほうがまだ理にかなっていますよ。って、それはアカンか、やっぱり。アルフレッド・ノーベルの遺言に反するにもほどがありますもんね。

べつにノーベル平和賞なんか、どうでもいいですよ。
コーデル・ハルや金大中でも貰ってるんだし、9条をこよなく愛する国民に与えたっていいんじゃないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。