原発問題は昔流行った「究極の選択」みたいなもんだ。

カレー味の、・・・以下略。

という、「究極の選択」って、昔ありましたね。今でもあるみたいだけど。

原発をどうするかの問題は「究極の選択」ですな。

大事故で放射能が大量に漏れたら悲惨な状況になるから、原発を全廃するのが一番いいのは確かでしょう。

でも、今の状態で原発なしでやっていけるのでしょうか。代替エネルギーの案はだいたい、というか、ほとんど全て、それぞれ欠点があって、今の電力をまかなえるようにはできないそうではありませんか。

原発に反対している人のほぼ100%は、原発に代わる画期的な発電方法を発明する科学的知識を持ち合わせていません。
それなのによく原発撤廃などと言えるもんです。

我々一般市民というものは、今まで無理だったことでも、そのうちいつか技術が発達して出来るようになるんじゃないかと根拠もなく勝手に考えがちですからね。

「原発をなくせば、代わりになる発電技術が生まれるよ。出来ない出来ないと言ってるから出来ないんだ。切羽詰まれば出来るようになる」と思っている国民は相当多くいるでしょう。でもやっぱり出来ることと出来ないことはあるんじゃないですかね。

原発即時撤廃というのは現時点ではかなり無茶な要求でしょうな。

我々は、

  1. 原発をかかえて、それがいつか爆発して滅ぶ。
  2. 原発をやめて、高コストによりじわじわと滅ぶ。

の「究極の選択」を迫られているのかもしれません。もちろん、そのどちらかになるとは限りませんが。

最近、小泉純一郎元首相が原発ゼロを主張しています。これぞ、痛みを伴う改革ですね。

原発をなしにするなら何かを我慢しないといけませんからね。

さて原発の代わりは何がいいでしょう。
地熱発電はどうでしょう。
それだと温泉業者が困りますね。温泉好きの人たちも嘆くでしょう。
でも原発ゼロにするためには我慢してもらわないと。

余談。
地震が来ようが何があろうが絶対に放射能が漏れない原発を造るのってやっぱり無理かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。