大江健三郎賞 歴代受賞者・受賞作

講談社主催の文学賞、大江健三郎賞が今年(2014年)で終わるというニュースがありました。

大江健三郎一人が選考する賞ですから、高齢になってくると続けるのは大変でしょうからね。

この賞を受賞した作品は、英語、フランス語、ドイツ語のいずれかに翻訳されて出版されます。

今年(第8回)の大江健三郎賞は、岩城(いわき)けいの『さようなら、オレンジ』[筑摩書房]。
第150回芥川賞(2013年下期)の候補作でもあります。

さて、これまでの大江健三郎賞の受賞者と受賞作をメモしておきます。

▼大江健三郎賞 歴代受賞作

第1回(2007年)・・・長嶋有 『夕子ちゃんの近道』

第2回(2008年)・・・岡田利規 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』

第3回(2009年)・・・安藤礼二 『光の曼陀羅 日本文学論』

第4回(2010年)・・・中村文則 『掏摸』

第5回(2011年)・・・星野智幸 『俺俺』

第6回(2012年)・・・綿矢りさ 『かわいそうだね?』

第7回(2013年)・・・本谷有希子 『嵐のピクニック』

第8回(2014年)・・・岩城けい 『さようなら、オレンジ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。