そういえば種目数をチェックしていなかった。

昔のクイズの時事問題は強烈だった。ほんと、その時だけの問題が出題された。例えば、「先週の競馬のGIレース、○○○で優勝した馬○○○○の枠番は?」みたいなのが平気で出てた。
オリンピックイヤーだと、種目数は全部でいくつなのかを問う問題に何回か出会った。そしてそのたびに、全くチェックしていなくて正解できなかった。反省してオリンピックの時はその競技種目数を覚えるようにしたこともあったが、そういう時に限って出題されない。
いつしかオリンピックの種目数なんかほとんど気にしなくなってしまった。もっとも、最近はそんなのを問う問題はあまり出題されなくなったけど。

で、今やってるソチ五輪。競技種目数は7競技98種目です。
トリノ五輪が7競技84種目だったので大幅に増えました。
ちなみに7競技とは、スキー、スケート、アイスホッケー、ボブスレー、バイアスロン、カーリング、リュージュです。スケルトンはボブスレー競技に入っています。
※ちょっと補足。競技数は細かく分けると15競技です。例えば上記ではスキーを1競技と数えていますが、スキーは6競技に分かれています。(スケートは3競技、ボブスレーは2競技)

ソチ五輪で種目数が増えたとはいえ、夏季五輪と比べたら多くはないです。2012年のロンドン五輪は26競技302種目でしたし。

オリンピックの肥大化が叫ばれて久しいですが、夏の競技のいくつかを冬に移すのはどうでしょう。
冬季五輪は冬ならではの競技ばかり行われていますが、冬でもできる、季節を問わない競技・種目は冬季五輪でやればいいんじゃないですかね。寒い季節にプレーするのが体に悪い種目だけ夏季五輪に残すとか。
でもやっぱり無理か。冬季五輪開催地に決まったら新しい競技場を造らないといけなくなって自然破壊を進めることになりますから(なんとなく夏季五輪より自然破壊の度合いが大きいような気がする)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。