平成27年度 文化勲章受章者

今年度の文化勲章受章者と文化功労者が発表されました。

文化勲章には、今年のノーベル賞を受賞することになった日本人2人、北里大学特別栄誉教授の大村智(ノーベル生理学・医学賞)、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章(ノーベル物理学賞)や、俳優の仲代達矢など7人が選ばれました。

以下の2問のクイズの答えも、今年度の文化勲章受章者です。

Q.

【1852】平成25年には、娘で同じく染織作家の志村洋子とともに、染織の世界を芸術体験を通して学ぶ場として「Ars Shimura(アルスシムラ)」[京都市左京区岡崎]を設立している、紬織(つむぎおり)の重要無形文化財保持者(人間国宝)で、1983年には『一色一生』で大佛次郎賞を、1993年には『語りかける花』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞するなど随筆家としても知られるのは誰?

【1853】1942年岐阜県大垣市生まれ。学生時代は京都大学医学部で本庶佑(ほんじょ・たすく)らとともに早石修の下で学んだ、ノーベル賞候補の一人ともみられている生化学者で、記憶や学習などに深く関わっていると考えられている「NMDA型グルタミン酸受容体」の構造を解明するなどの功績があり、Gタンパク質共役受容体に関する世界的権威として知られるのは誰?

他の文化勲章受章者(2015年)は、

塩野宏・・・法学者。専門は行政法。

末松安晴(すえまつ・やすはる)・・・計算機科学者。光通信技術研究の第一人者。東京工業大学元学長。

文化勲章の受章者が、染織と光通信工学の分野から出るのは今回が初めてだそうです。

A.

【1852】志村ふくみ

【1853】中西重忠

文化功労者については、明日取り上げます。では。

平成27年度 文化勲章受章者」への4件のフィードバック

  1. ブログ主さんは、クイズ大会(テレビでやっているものや、所謂「草クイズ」のようなもの)の参加経験はありますか?

    1. はい、あります。テレビのものはかなり少ないですが、クイズの「オープン大会」には何度も参加しています。

  2. 出場経験があることはすごいことだと思います。
    よろしければ内容を教えてください!

    1. テレビ番組では、第16回アメリカ横断ウルトラクイズに出場しました(マルバツの1問目で敗退でした)。
      オープン大会には数えきれないほど参加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。