第28回 高松宮殿下記念世界文化賞

以下のクイズの答えは、

今年(2016年)の高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者です。

《 》内は受賞した部門です。

Q.

《絵画部門》

【3474】1997年公開のアメリカのホラー映画『オフィスキラー』で監督を務めている、自分を被写体としたセルフ・ポートレイト作品で有名なアメリカの写真家で、白黒写真の「アンタイトルド・フィルム・スティル」シリーズ、マネキンや人体模型を使った「セックス・ピクチャー」シリーズなどで知られるのは誰?

《彫刻部門》

【3475】インスタレーションの代表作に、ヨーロッパの狂牛病騒動に触発されて制作した『つながったり分かれたり』や、「ピノッキオの冒険」の童話をモチーフにした『カジノ』などがあるフランスの美術家は誰でしょう? 1990年に共に二人展を開催したクリスチャン・ボルタンスキーも同じく高松宮殿下記念世界文化賞の「彫刻部門」受賞者(2006年)です。

《建築部門》

【3476】1970年の大阪万博では「ブラジル館」を設計している、代表作にサンパウロにある「パウリスターノ・アスレチック・クラブ」や「ブラジル彫刻美術館」などがあるブラジルの建築家で、2006年にオスカー・ニーマイヤーに次いでブラジル人として2人目となるプリツカー賞を受賞し、2016年には、これまたニーマイヤーに次いでブラジル人で2人目の高松宮殿下記念世界文化賞「建築部門」受賞者となったのは誰?

《音楽部門》

【3477】1967年のエリザベート王妃国際音楽コンクールでは3位に入賞、そして1969年のパガニーニ国際コンクールと1970年のチャイコフスキー国際コンクールでは優勝している、リガ出身で、ラトビアとドイツの二重国籍を持つヴァイオリニストで、元妻に、後にダニエル・バレンボイムと再婚したエレーナ・バシュキロワ(※ロシア人ピアニスト)がいるのは誰?

《演劇・映像部門》

【3478】黒澤明監督の映画『夢』に画家ゴッホの役で出演しているアメリカの映画監督で、有名な作品をいくつか挙げると、『タクシードライバー』『レイジング・ブル』『アビエイター』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などがあるのは誰?

今回で第20回となる「若手芸術家奨励制度」の対象団体には、マレーシアの「ファイブ・アーツ・センター」が選ばれました。

A.(答え)

【3474】シンディ・シャーマン

【3475】アネット・メサジェ

【3476】パウロ・メンデス・ダ・ロシャ / パウロ・メンデス・ダ・ホッシャ

【3477】ギドン・クレーメル
※1981年、ロッケンハウス音楽祭を創設。1987年、室内オーケストラ「クレメラータ・バルティカ」を結成。

【3478】マーティン・スコセッシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。